群馬の映像制作工房

専用アプリ『フォレストブラウザ』
App Store ★ Google play ★ Winodws PC

水滴

Posted on: 2017/5/18

乾ききった大地にようやくお湿りがあってよかった。水は万物の源、多くても困るが少ないのはもっと困る。でも梅雨はもう少し先でも良いかなw

移動途中だと思っていたカッコウだが、どうやら定着したようで、毎朝近所の電線で鳴いている。これであとはホトトギスが来れば、赤城高原の夏鳥たちは揃うかな。

Categories: 季節感,  | Tags:  | Comment

まだ春さなか

Posted on: 2017/5/17

林道がようやく開いたので、カメラ担いで県北の森を歩いてきた。

陽の当たらない谷筋のブナ林には残雪が残り、標高も1300mを超える辺りではカラマツの芽吹きが始まったばかりで、ヤマザクラもまだ咲いていた。

薄暗かった林内に雲間から日が射し込む。樹冠を見上げると、さっき見かけたサルの仕業だろうか、小さな棚が作られていた。

近くでキビタキが鳴いている。先ほどのサル棚の辺りからはツツドリの声も聞こえる。こんな寒々した景色ではあるが、半月もすれば萌えるような緑の海へと変わるだろう。

Categories: 季節感 | Comment

草津寒し

Posted on: 2017/5/16

仕事で草津へ出かけた際に渋峠まで上がってみた。今年は残雪が多く、雪の回廊が話題になっていたが、さすがにこの時期では平年並みよりやや多いかな、という程度であった。

天狗号を飛ばそうと思ったが、あまりに風が強くて断念。それに未だ火山性微動が続いているのか、お釜周辺は停車もできない。何より5月とは思えない寒さにブルブルであった。

Categories: 季節感, 景勝地 | Tags:  | Comment

カッコウ鳴く

Posted on: 2017/5/15

朝早くに近くで声がしたんだけど、結局その時の数回だけだったので、北上中の個体が気まぐれで鳴いただけかもね。うちの近所では例年は20日過ぎだし。

天気がスッキリしない。湿り気が足らないので雨は願ったり叶ったりなのだが、新緑を撮るにもエアリアルするにも今ひとつ中途半端な感じ。写真は雨の日のデゴイチの在庫写真。

Categories: 季節感,  | Tags: , ,  | Comment

地獄草

Posted on: 2017/5/14

え、まだツクシ生えてんの?ええ、まだツクシが見られるんですよ、うちの周りでは。

ツクシ、土筆んぼう、スギナなどと色々な呼び方をされるが、ツクシ(土筆)は写真のような胞子茎の時期の呼び方で、胞子を飛ばした後に伸びてきた状態をスギナ(杉菜)と呼ぶ。写真のツクシが成長してスギナになるわけではない。

ツクシの時期は食用にもなるが、スギナになると迷惑千万な雑草扱いとなる。先日のセイヨウタンポポ同様、繁殖力が強くて根絶はほぼ無理と言って良い。

で、その地下茎、いわゆる根っこが深く張り巡らされることから、付いた異名が「地獄草」。土筆んぼうなどと呼んで子供の頃は意味なく摘んで遊んだものだが、よもやそんなおどろおどろしい別名があるなどとは知らなかった。

Categories: 花・植物 | Tags:  | Comment

仏の座

Posted on: 2017/5/13

ホトケノザとはまたありがたそうな名前がついているが、葉っぱの部分が仏の蓮華座に似ていることからこう呼ばれる。

早春の頃、オオイヌノフグリなどと一緒に野っ原や耕作地などに咲き乱れるが、初夏を過ぎる時分までわりと長く見られる多年草である。

早ければ下界では2月には咲き始めるが、うちの庭ではタンポポと一緒にまだまだ元気である。

Categories: 花・植物 | Tags:  | Comment

雲雀

Posted on: 2017/5/12

ヒバリは赤城高原では春先に姿を見せる漂鳥である。

早い年は3月上旬にやって来ることもあるが、年によってはまだ雪が残っていることもあるため、そんな時は農道上に集まって「どうしたもんかねぇ」といった風情で、途方に暮れていることもある。

また、畑を起こしている最中に営巣を始めたりすると巣ごと鋤き込まれてしまうため、そんな時は一からやり直しとなるので難儀なものだ。

作物の苗が植え終わって一段落すると、一旦は農作業も落ち着く。そんな時分に営巣始めれば万事オーライである。

Categories:  | Tags:  | Comment

タンポポ

Posted on: 2017/5/11

最初の一枚のみ、フジノンXF16/f1.4で撮影。

XF16はフルサイズ換算で24mm相当の画角となるハイスピード広角レンズである。24mmでf1.4の大口径レンズは、キヤノンのFDとEFをそれぞれ使ったことがあるが、キヤノンのは何れも寄ることができなかった。

XF16の素晴らしいところは最短撮影距離が15cmと、ほぼレンズ前玉直前まで近づけるので、広角マクロとしての使い勝手が良い。開放だとボケが硬い感じになるが、一段絞ってF2なら問題ない。

専用のマクロレンズもマウント毎に持っているが、積極的にマクロ域で撮影する機会はほぼなく、自ずから仕事でブツ撮りに使うのがほとんだ。どちらかと言えば、広角でグッと寄って撮りたい派なのである。

と言うことで、引いて良し、寄って良し、暗くても良しのこのXF16は、TMにとってはフジを使うキラーレンズの一つと言っても過言でない。

黄鶲

Posted on: 2017/5/10

キビタキもまだペアリングしていない個体がいるようで、近所の雑木林で盛んにピッコロ、ピッコロと鳴いている。

時々隣の長老宅の庭にもやって来ているようだが、この時は珍しく裏の庭木で囀っていた。

仕事場の窓からパナライカの400mm側で撮影。GH5はローパスフィルターレスになって、明らかにGH4より抜けの良い絵が撮れる。

しかもm4/3の400mmは実質的にフルサイズ換算で800mm相当の画角になり、それでいてコンパクトに収まるのだから実にスグレモノである。

もう間違っても巨大な大砲レンズを使うなど御免被りたいね。

Categories: , ガジェット | Tags: , ,  | Comment

うねうね

Posted on: 2017/5/9

乾燥続きも原因の一つらしいが、東北の方で山火事がひどく大変そうである。赤城高原もここの所お湿りがないため、近所の農家も困り顔だ。

沼田に降りたついでにガソリンを入れてきたが、静電気がビビっときて思わずびっくりである。さらにこの季節に手荒れとか勘弁してほしいね。

今日は片品川沿いの河畔林でジュウイチを見かけた。不覚にも最初は何の鳥か判らなかったが、急に鳴き出して判明した次第。

普段はほぼ声しか聞く機会がないので、不意に姿を見せられると識別は難しい。他のトケン類は姿形が似通っているが、ジュウイチだけちょっと印象が異なるのでね。

あ、写真は一応撮ったがちょっと距離あってショボいので掲載は却下w

Categories: 季節感 | Tags:  | Comment
Recent posts
2017/5/29
月末近くになると追い込み多忙モードへ突入で、しかも週初め...
2017/5/28
まだ子供だけどね。
2017/5/27
ニホンザルの繁殖期は秋から冬で、妊娠期間が5ヶ月から6ヶ...
2017/5/26
ニホンザルは霊長目の中では最も北に生息するサルである。も...
2017/5/25
以前、サルの調査を手伝ってサル追いをしていたことがあるせ...
2017/5/24
少しネタが古いが、一週間前に尾瀬が山開きをした。尾瀬は単...
2017/5/23
下界はすっかり緑一緒に染まっているが、山の上は今まさに新...
2017/5/22
週始めでやや多忙なため、整理中の4K60P動画の切り出し...
2017/5/21
館林でいきなり猛暑日ときた。いやはや暑いわけだ。今日の午...
2017/5/20
県北の標高の高い森は、芽吹き前で林内の見通しが効き、小鳥...
Service info.
Recent comments
[17/4/28]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/28]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/4/27]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/27]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/4/26]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/26]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/3/24]

TM より 待った待ってた60P へ

[17/3/24]

モグラ より 待った待ってた60P へ

[17/3/3]

TM より こんがりきつね色 へ

[17/3/3]

もぐら より こんがりきつね色 へ

My PHOtREST

専用アプリ『フォレストブラウザ』
App Store ★ Google play ★ Winodws PC

Page top »