カテゴリ : 季節感

portfolio

台風15号は夜半から明け方にかけて太平洋側を通過したため、風はさほどではなかったが、さすがに短時間ながらも雨はそこそこ強く降った。

14号と違ってすぐに一過となってムシムシし始め、アブラゼミが鳴き出すくらいまでに気温も上がり、数日ぶりに短パン半袖姿になった。

週明けぐらいまでは天気が持ちそうだが、またすぐに雨予報となっているので、いやホント勘弁な話である..

OM SYSTEM OM-1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

Nレコ開発チームから担当が別件で多忙なのでiOS16の検証しろって言われ、その前に検証用の手持ちのiPhone11を15.7に上げたらXcodeのデバッグモードで動かなくなってしまいプチ焦る。

う、こりゃXcodeを14に上げないとならんのか、そりゃ他の案件で困るぞと思いつつ、macOSを同時に来ていた12.6に上げたらとりあえずXcodeは13のままでも接続されて一安心。

この辺りのバージョンの関係は、アップデートの公開直後に人柱になりたくないので様子見したいのが本音なのよねぇ..

カテゴリ:季節感

先週まであんなに湿気っぽくて蒸し暑かったのに、台風14号が去った途端に一気に涼しくなり、ここ数日は長袖にスウェットのパーカを羽織るようになっている。

このまますんなり季節が秋に進んでくれると山へ出かけるのも楽なんだが、肝心の空模様が秋雨なんでそれはそれで困ったもんだ。

OM SYSTEM OM-1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ちょっと秋らしい感じを見っけ。

カテゴリ:季節感|タグ:

泥の試練か

2022/9/22

台風一過と言うにはほど遠いが、とりあえず台風14号に関しては夜中に少し風が吹いた程度で影響はほとんど無かった。

問題はその一過感がまったくなく、少なくても今週は台風前から引き続いてグズグズ天気が予想されること。

いやいやこの天気の悪さは何とかして欲しいのぉ..

Google Pixel 6a

台風前の写真だが、夏からずーっとグズグズ天気なんでどこも山道は泥濘状態である。

どう避けて歩いても泥に沈むことになるのだが、さながらインディ・ジョーンズ最後の聖戦の2つ目の試練のようだな。

カテゴリ:季節感

モズ高鳴く

2022/9/21

台風通過の前日、ぬるい東風が赤城から吹き下ろす朝、高い木の梢でモズがキチキチと鳴いていた。高鳴きの今シーズン初認だ。

日はすでに昇っていたが東の空を厚い雲が覆っていたため、光量不足で条件的にかなり厳しいが、ニューカマーの優秀な手ブレ補正のおかげでブレずに済んだ。

FUJIFILM X-T4 / XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR / PROVIA / ISO6400

FUJIFILM X-T4 / XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR / ETERNA BLEACH BYPASS

台風14号はこの時点ではまだ西日本を移動中だったが、関東を南から北へ線状降水帯が移動しており、東京や神奈川では終日強く雨が降っていたようだ。

この日、赤城高原は線状降水帯の列からは運良く外れており、時折風が強く吹くが雨は降らずむしろ晴れ間が出ていたくらい。

台風が日本海側を進むといつもこんな感じの空模様だ。

カテゴリ:季節感, |タグ:

日中はまだアブラゼミやミンミンゼミが鳴いているが、それでも朝晩はめっきり涼しくなって秋の虫が主役である。

ススキも穂が出ているので開花するのも時間の問題ではあるが、標本木としていた株をつい最近自主的な道路清掃..畑の畦なんでその時々の借り主が草刈りする..で刈られてしまったので、目ぼしい株が少ない。

ススキなんて生えている時は気にもしないが、いざ探すと時期によっては田舎の農村と言えど意外に見つからないものである。

FUJIFILM GFX100S / GF45-100mmF4 R LM OIS WR / Classic Nega.

FUJIFILM GFX100S / GF45-100mmF4 R LM OIS WR / ETERNA BLEACH BYPASS

それにしても相変わらず大気がもやもやして湿気っぽく、天気が安定しない。雨が降るのか降らないか天気予報も当てにならず、結果的に今日も雨だったな的な日々である。

もう盆も明けて秋雨前線の前に半月くらいは安定した秋の気候が来るはずだが、列島に停滞する前線はすでにその秋雨前線がごとき振る舞いである。

ボチボチ秋の渡りの時期なので山の稜線に上がりたいのだが、こう天気が安定しないと予定もままならずである。

カテゴリ:季節感|タグ:,

スラムダンク

2022/8/16

YouTubeの東映アニメーションチャンネルでスラムダンクが1日1話ずつ限定公開されている。

バスケットボール自体に特別興味があるわけではないが、サラリーマンだった頃に原作漫画を読んでいたので、その流れでTVアニメも観ていて、ついぞ懐かしく3日おきくらいのペースで視聴している。

すでに30年近く経つ作画も古いアニメーションで、YouTubeなんで妙なタイミングでCMが挟まってくるのには閉口するが、スポ根漫画でありつつも適度にギャグが入ってくるので気楽に見ていられるのは良い。欲を言えばCMが入らないNetflix辺りでやってくれると有り難いんだけどね。

ちなみになんで今またスラムダンクなのかと言えば、年末に新作の劇場版を公開するからっぽい。

FUJIFILM GFX100S / GF63mmF2.8 R WR / ETERNA BLEACH BYPASS

先週末に太平洋岸を台風が通過していったが、予報よりも南へ逸れたため、赤城高原では雨も風もなくまったく影響がなかった。

同日に台風で開催が危ぶまれた前橋の花火大会も無事行われたようだが、雨は降らずとも台風雲が低く垂れ込めていたので、20km以上離れた赤城高原にも音が届いてきた。

カテゴリ:季節感, 独り言

天気がぱっとせずしばらくジメジメした日が続いていたせいか、こころなしか庭の雑草群に勢いがない。

例年ならこれでもかと言うぐらい庭中に繁茂して刈払機の操作にも難儀するのだが、今夏は草刈りの間隔を空けて1回ぐらいサボれそうな感じである。

例年ならという枕詞を無視するように前線が蛇行して、昨日辺りより梅雨がごとき天候から再び真夏が戻ってきそうではあるが、立秋も過ぎてここ赤城高原はではお盆が明ければ秋風が吹き出す頃合いである。

もちろんそれも「例年なら」という前提ではあるが..

FUJIFILM X-T4 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / PROVIA

庭のブナも必要十分に雨水を蓄えているようで、根回りの腐葉土は常にぶかぶかしており、乾燥しがちな我が家の庭にあって比較的湿潤である。

カテゴリ:季節感, 花・植物|タグ:

台湾の周辺で中国が軍事演習をしてその一環で弾道ミサイルを発射、それが日本のEEZに落下して危険なので中止を申し入れたというニュースを見た。

ちょっと待て。落下?違うだろうその表現。宇宙に向けて打ち上げるロケットなら落下と言えるが、軍事演習で発射したミサイルは着弾点が目的地である以上、「落下」ではなく「狙って打ち込まれた」が正しいぞ。

中国を刺激したくないから言い回しがオブラートに包むようになったのだろうが、今の日本が言えるのはその程度である。

で、毎度のことながらそれを受けて日本も反撃能力を!と自称右寄りな先生方が勇ましいことを言い出しているのはテンプレだが、反撃したところで倍返しされるのがオチなので、いつもの言うだけ番長だな。

昨今話題の統一教会の問題から少しでも国民の目をそらしたいところだろうが、そもそもミサイルが打ち込まれた理由が日本側にあるわけでもなく、打ってきたのがいつもの北朝鮮でなく中国だけに、刺激したくないのが本音だろうな。

FUJIFILM X-T4 / XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR / PROVIA

今夏は本当に雨に泣かされる。

佳境に入っている個人開発の合間を縫って天狗様の育雛後期の経過観察に行きたいのだが、少ないすき間時間のやりくりをしても肝心の天候に恵まれない。

仕事場に籠もってデスクワークしている分には涼しくて良いんだけどね..

カテゴリ:季節感, 独り言|タグ:,

この日は予報では日中は雨は振りそうになく、下から見ている限り稜線部もクリアだったので、山上定点に軽量装備で登ったところ、尾根の向こう側は雲海だった件..

よくあることと言えばよくあることではあるが、なにせその雲海の谷筋が観察方向なんでこれはさすがにちょっとねぇってことで、早めの昼飯だけ食って下山という惨敗山行。

それに大汗かいて登ったのは良いが、稜線部で飯食っている相手にすっかり冷えてしまってまあ寒のなんの。

OM SYSTEM OM-1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

OM SYSTEM OM-1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

今の時期の山の上は避暑トンボたちがいっぱいだ。定点の周りの枝先はアキアカネだらけで、三脚に載せたフィールドスコープにも数匹が我先にと留まる。

それにちょっとでも空バックで写真を撮ろうものなら、センサーゴミかというくらい写り込むw

カテゴリ:季節感, 小動物|タグ:

梅雨に逆戻り

2022/7/20

梅雨前線は一旦は日本列島を離れ、各地で梅雨明け宣言まで出されたはずなのに、まさかまた前線が復活したかのような雨模様に逆戻り。

一度宣言を出しているのでこれは梅雨前線とは呼ばれないようだが、どう見ても前線が再び降りてきたようにしか見えない。

先月の時点では今年の暑い夏は長いのかやれやれと思っていたが、逆にこのまま短い夏で終わる可能性も出てきたな。

FUJIFILM X-T4 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / PROVIA

梅雨は本来雨滴る季節なわけだが、戻ってきた前線はさらに勢いの強いこと。先週など久しぶりにおらが村にも大雨洪水警報が出た。

まあうちの近所はどんなに降っても大水とは無縁だが、村内でも河岸段丘の下のほうは気が気じゃないだろう。

カテゴリ:季節感