カテゴリ :

photrest banner

閉店セール

2020/3/28

民度の低いどこぞの都民のように買い占め騒動が起きたわけではないが、この冬用意していたヒマワリの種が終わってしまったので、先週のうちにヒマワリレストランは閉店させてもらった。恐らく営業始めてから最も早い店じまいと思われる。

例年なら春先にアトリがそこそこの数で立ち寄っていくのだが、この冬はそれもほとんどなく、積雪がなく落ち葉の中から目当ての餌を確保できていることもあって、他の鳥にも影響はないと判断させてもらった。

一応、地面に落ちている分と合わせて、閉店セールと称して種をバラしてないヒマワリをそのまま餌台の位置に置いてあるので、必要ならしばらくはそこから採っていくだろう。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 / シメ

ヤマガラは姿を見せなくなったが、シジュウカラとシメはまだ家の周辺をうろついている。渡去が遅いシメは桜が咲く頃までは留まるかな。

カテゴリ:|タグ:

無能すぎ

2020/3/26

東京都の感染者が突然急増し始めたのは、やはり五輪の延期が既定路線化したからなのは間違いないだろう。

一年先送りになったことでストッパー..感染者が急増しているわけではない感を演出したい政府の印象操作..が外れたので、これで誰にはばかることなく着々とグラフは右肩上がりとなり、首都封鎖が現実的な話になるのは時間の問題だな。

さて、新コロナへの各国の対応は様々だが、総じては「国民全員に現金を直接配って一定の収入保証するから頼むからフラフラ外出しないでくれ」というものだ。

それが我が国ときたら、「貯金されちゃ困るので旅行助成金や商品券を配るから街や観光地に出かけて買い物してね」ということらしい。つまり国民の生活ではなく「選挙で組織票を投じてくれる既得権益団体」に対し助成するアピールで、国を上げての感染拡大を奨励するという愚策なのである。

そのタイミングでまったくやる必要のない全国一斉休校を思い付きでぶち上げて、批判が高まると今度このタイミングで解除する?とばかりに何となく国民に「もう大丈夫感」を与えてしまい、案の定皆気が緩んでフラフラ花見に外出してしまう事態になってしまっている。

国内の感染拡大を助長しているのは、首尾一貫せず行きあたりばったりで愚策しか打ててない、そして自分たちの選挙のことしか頭にない無能な政府と与党なの間違いない。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14

何となく夏羽に換羽中っぽいカシラダカ。

この冬はアトリは少なかったが、カシラダカは例年と変わらない印象。彼らはそろそろ渡去の時期かな。

カテゴリ:独り言, |タグ:

すでに延期が既定路線の東京五輪。延期より中止のほうが結果的にコストは安く済む試算もあるらしいが、当事者である選手は別にしても、どうしても自分の手柄にしたいアレは延期にこだわるだろう。

にもかかわらず、無駄に終わる可能性が高い聖火リレーだけは何かに取り憑かれたかのように強行しようとするというのは、一体どういう了見なんだろうか。

相変わらず大規模なイベントは自粛要請を強いているくせに、仙台ではインチキ臭い復興聖火に見物客が5万人も集まるという信じられないことを容認しているのだから呆れる以外ない。

そもそも表立っての感染者数が日に20人程度だったのに、やってる感演出とばかり思いつきで全国一斉休校をおっ始めて経済を疲弊させたくせに、いよいよ感染者数と死者が増え始めたこの時期に突如一斉休校は解除して卒業式をしろとかふざけんなって話だ。

本気で今以上の感染の広がりを抑えたいのであれば、例外なく大規模な人の集まりを制限し、そのうえで徹底した補償を国の責任で行うべきだ。ダラダラと中途半端で小手先の政策は事態が長引くだけで、百害あって一利なしである。

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

家の近所でもちらほら梅が咲き始めた。ご多分に漏れず例年より一週間程度早いかな。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

同じく近所の防風林では黄色い梅ことダンコウバイが咲いていた。こちらも例年より4〜5日早い感じ。

そしてウグイスが今シーズン初鳴きとなったが、これまた例年より一週間程度早い記録である。

世間では国民を欺き白々しい嘘をつき通そうとしている政治家のせこい悪巧みが話題だ。

あんな程度の低い人間性の欠片もないような輩が、未だにのうのうと国務大臣など務めていられる状況はまさに世も末である。ましてやそんな能無しとアホな官僚を庇うために、優秀な役人が命を断つなどあってはならないことである。

今や新型コロナウィルスによる国難とも言うべき状況にあるが、今どきのB級ドラマでも採用されないような恥ずかしいシナリオを見せつけられる国民にとって、果たしてどっちが国難なのかこの際よく考えたほうが良いぞ。

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-20

ウソの名前の由来は、ヒーフーといった感じの鳴き声が口笛を吹くように聞こえることから、昔の言葉で口笛を吹くことを現す「うそぶく」である、という話は嘘ではなく鷽(ウソ)であるw

そんなウソが近所の雑木林に姿を見せるようになることも、田舎暮らしで春を感じる一つだ。

カテゴリ:独り言, |タグ:

冬の大寿林

2020/3/13

合併して今は市になっている隣村の調整池は、下界に下る際の行き帰りの時間調整やコンビニ飯を食らう場所として時々立ち寄っている。

大体いつもバタバタしているので、基本的に高速を利用して下る..高低差の話ね。交通網で言えば上るが正解..ことが多いが、先日も書いた通り時間に余裕がある場合はなるべく下道を利用してめぼしいところを覗いて回るようにしている。

特に湖沼や河川、池のような水場は赤城高原にはほとんど見られないので、水鳥を始めとした水辺の生きものが観察できる場所は、季節ごとの定点観察の意味合いもあって貴重且つ新鮮なのである。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-20

ご多分に漏れずこの日もカワセミ目当てだったが、着いて早々目の前をチッチィーと鳴きながら飛んでいく様を1回見ただけであった。まあ30分程度しか時間に余裕がなかったので仕方ないけどね。

その引き上げ間際、足元の芦原にスズメがいると思ってシャッターを切ったが、よく見たらこの辺りでは珍しいオオジュリンだった。

夏羽の雄は黒頭巾を被ったような姿で、湿性の草地でチュリーンチュリーンと甘ったるい声で鳴く。越冬地の冬羽はそれこそ地味な色合いで目立たないが、つかの間、夏の北海道の原生花園を想像させてくれた。

カテゴリ:|タグ:

いくら何でも

2020/3/12

久しぶりに仕事で南関東へ足を延ばす。ウソがヌルデの実に群がらり、ウグイスがさえずる穏やかな春の日差しの中、今シーズン初認となるイワツバメが飛び、そして当然のように花粉も飛ぶw

この季節に野外でくしゃみが出るようになって4・5年経つが、それ以上は症状が酷くなるほど進行していないので、重症の人に比べれば楽なほうだ。

今回は家人から花粉をブロックするというスプレーを借りて対策を施しているが、これが意外に効果があるようで、今日はくしゃみが出ることはなかった。家人はそこまで効果は期待できないと言っていたが、症状が軽い人にはそれなりに効果があるのだろう。

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

遠くに江の島を望みつつ、南のほうはすっかり春だなぁと感慨深くふけっていると、通りがかりの農家の親父さんから「その辺もうヤマビルが出ているから気を付けて」と言われ、思わずズボンの裾をめくってしまったw

群馬ではどんなに早くても例年はGW頃なので、いくら何でもそりゃ早くね?

下界から戻る際、通り道にある某調整池に立ち寄ってみた。

ちょっと前に通り掛かった時に意外に近い場所にカワセミが留まっているのを見ていたので、もしかしてと思ってのことだったが、あいにくこの日は風が強くで小鳥類の姿はまったく無かった。

天気は良かったんだけどねぇ..

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-20 / オナガガモ

プロキャプチャで撮影した中の一枚。原理的に撮影開始..正確には記録開始だけど..のタイミングが早くなるので、コマが多いこともあって単純に連写するよりもベストな飛翔型を選択できるのが良い。

機械に頼るなど写真ではないような意見を目にする耳にする場面も多いが、写真はどう撮ったかよりどう撮れたかのほうが重要というのが個人的な意見である。

写真を撮る上で気分的な問題など些末なものであり、過程ではなく結果がすべてということだ。

カテゴリ:|タグ:

朝イチの高崎の用事を済ませた後、箕郷梅林に立ち寄ってみた。

症状の重い花粉症というわけではないものの、花粉が飛んでいるのはすぐに分かった。それでも立ち込める梅の香りはまさに春の匂いである。

絵柄を探してそんな白梅と河津桜の花々を交互に覗いていると、ミツバチたちがせっせと花の蜜を集めていた。啓蟄には数日早いが、春の訪れの早さは虫たちのほうがよく知っているようだ。

FUJIFILM X-T3 / XF16-80mmF4 R OIS WR / PROVIA / 榛名山

FUJIFILM X-T3 / XF14mm F2.8 R / Velvia

FUJIFILM X-T3 / XF16-80mmF4 R OIS WR / PROVIA / 赤城山

FUJIFILM X-T3 / XF14mm F2.8 R / Velvia

FUJIFILM X-H1 / XF90mmF2 R LM WR / ACROSS
FUJIFILM X-H1 / XF90mmF2 R LM WR / Velvia / 河津桜

そう言えば、今朝は家の前の畑でヒバリが今シーズンの初鳴きだったが、梅林では春告げ鳥であるウグイスが今シーズン初鳴きもあった。

ホーホケキョの調子がすでにまともだったので、実際はもっと早くに鳴いていたと思われる。

子供たちへの感染を防ぐため学校を一斉休校します!→働く親の身にもなれよ!→じゃあ日中は学校で学童で預かります!→はぁ?学校休みにする意味はどこにあるんだよ!

感染拡大を防ぐためスポーツイベントの開催中止を求めます!→東京マラソン開催で沿道で7万2000人が応援!?→はぁ?日本人ってバカなの?

中国からトイレットペーパーが輸入されず手に入らなくなる!→店頭に朝から集団で殺到して混乱→はぁ?濃厚接触しとるやんけ。そもそもトイレットペーパーは古紙100%だからほとんど日本製だよ!

アホ首相のやってる感満載の会見→説明責任のない情緒に訴えるだけで具体策なしと批判殺到→日本は今や緊急事態で戦時下だから国民一丸となって我慢だ!と識者紛いが擁護→はぁ?先の大戦それで大敗北したことをもう忘れたんか!

先月の26日辺りから「この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要である」と寝言を言い出しているが、当初は例のクルーズ船で封じ込められると高をくくっていたのに失敗したので、急遽そんなことを言い出したのだろう。1ヶ月遅ぇんだよ!

とても今月15日辺りに感染拡大が止まるとは到底思えないが、感染拡大の封じ込めに成功しようが失敗しようが、どっちに転んでも良いような逃げの言質であることは明々白々である。皆の衆、呑気にマラソンの応援を集団で観に行ってる場合ではないぞ。

LUMIX G9 PRO / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-20

寝ているようでいてこちらを警戒して目を開けているホシハジロ(一枚目)。本種は基本的に冬鳥だが、一部が北海道で繁殖していることが知られている。

鳥を観始めた当時、近所の河原で見かける水鳥と言えばカルガモとマガモぐらいしかまだ知らなかった頃、自転車漕いで遠征した鳴沢湖..農業用の貯水池だ..に浮いているのを観て、珍しい種がいると感動したのが懐かしい。

冬になると日本中に渡来するので特段珍しくもない種だが、そういった事情もあってキンクロハジロと並んで未だにそういう目で眺めてしまうところがある。

カテゴリ:独り言, |タグ:

現在進行系で拡大の一途をたどる新型コロナウィルス騒動のまさにその感染源と疑われているのが、中国の伝統的なジビエ食「野味」だ。

SARSの時などはコウモリが疑われていたが、今回はどうもセンザンコウが怪しいという話である。四つ足なら机と椅子以外何でも食べるとまで言われる大陸の人たちなので、その信ぴょう性の高さもさもありなんだろう。

いわゆるゲテモノ食いという食習慣は何も中国だけに限った話ではないが、野に闊歩する生きものを片っ端から食ってしまうというのは、現代の感覚ではなかなか受け入れられないだろう。

しかし今回の大騒動を受けてさすがに当局も危機感を募らせたのか、感染の温床となる野生動物の取引と摂食を全面的に禁止すると決定したようだ。

北海道に渡来していたシマアオジが激減..というか国内の繁殖例はほとんど無くなってしまった..してしまったのも、渡りの途上で彼の地でカスミ網に掛かって食われてしまったという例が報告されていたが、不幸中の幸いとして、この措置によって少しでも大陸経由で移動する渡り鳥達に光明が差すことを願ってやまない。

OM-D E-M1X / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

ホオジロは留鳥なので一年中見かける普通種であるが、子供の頃に比べるとやはり減っている印象はある。

食糧難の時代以前、まだカスミ網が適法だった頃ならいざ知らず、現代の国内において減少する要因は環境の変化ということになるだろうか。

開発で空き地が宅地や農地に変わったり、河川敷が改修されたりと種類によっては鳥たちにとって住みづらい世の中に変化してきているということかな。

カテゴリ:, 鳥獣・環境問題|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2020/3/30
五里霧中
現時点では感染拡大も景気低迷も収束することがまったく見通すことができない新コロナ騒動。世界規模で迷宮 ...…
2020/3/29
春の雪
アレのバカボン面にムカつきつつも、某国営放送の会見映像の一部始終を眺めた。地上波は途中で意図的に放送 ...…
2020/3/28
閉店セール
民度の低いどこぞの都民のように買い占め騒動が起きたわけではないが、この冬用意していたヒマワリの種が終 ...…
2020/3/27
景気低迷の危惧
新型コロナを原因とする景気低迷の経済的損失は、素人目に見てもなかなか厳しい感じである。 正規雇用のサ ...…
2020/3/26
無能すぎ
東京都の感染者が突然急増し始めたのは、やはり五輪の延期が既定路線化したからなのは間違いないだろう。 ...…
2020/3/25
緊急なんだから急げよ
緊急経済対策で現金支給を検討しているという話がにわかに聞こえてくるが、それは早くても5月末ということ ...…
2020/3/24
春の吹雪
てっきりオリンピックは世界のスポーツの祭典かと思っていたが、今回のドタバタを見ているとあらためて政治 ...…
2020/3/23
梅が咲き、ウグイス初鳴き
すでに延期が既定路線の東京五輪。延期より中止のほうが結果的にコストは安く済む試算もあるらしいが、当事 ...…
2020/3/22
つかの間のオアシス
通常、田んぼは秋の収穫期に稲刈りのタイミングで水を抜く..落水と言う..ので、冬の間は乾いた状態でそ ...…
2020/3/21
早く決めてやれよ
東京五輪の開催是非は、世論の声に負けてどちらが先に音を上げるかという、もはやIOCと日本政府..正確 ...…
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。