カテゴリ : 独り言

photrest banner

明治のフルーツ牛乳が生産終了になると、ちょっと前にニュースで話題になっていたが、よく出掛ける近所の温泉施設からもそのフルーツ牛乳が姿を消した。

コーヒー牛乳も嫌いではないのだが、風呂上がりはフルーツ牛乳というのを定番にしていたので、生産終了は何とも残念な話である。

ただ、生産終了になるのはあくまで瓶のやつで、春にはペットボトルで復活させるような話も聞くので、もう飲めなくなるということでもないようだ。

iPhone 6

明治のフルーツ牛乳が無くなって、その代りにメイトーのフルーツパイン味が新たに追加されていたが、まあこれはこれで良いかもしれない。

カテゴリ:独り言

木こり作業

2019/3/15

赤城高原に住み始めた頃に植えたカラマツが、17年を経て10mを超えるまでに成長した。

元々は沼田の花木センターで叩き売りされていた50cm程度の苗木3本で、1本は割と早い段階で枯れてしまったが、2本は日当たりの良い位置に植え替えてから順調に育った。

それが昨年、赤城山から吹き下ろす台風の大風で今にも倒れそうなシーンを目の当たりにしたことで、大事に至る前..その時は車に倒れるのではないかと冷や汗をかいた..に伐り倒すことにしたのだ。

針葉樹のカラマツは根が浅く横に広がるだけでなので、樹高が増すに連れて倒れやすくなるのは仕方ないことであろう。

別に意図したわけではないが、結果的に遊んでいるような造形になっているw

iPhone 6

樹高は10m以上あったが、実際に使えるのは7〜8mといったところか。高い位置で伐り倒したのにはワケがあるが、それはまた追々..

大量の横枝の処分が厄介だが、それはさておき良い感じの材が2本手に入ったので、さてさて何に使うかな。

カテゴリ:独り言

兎の爪痕

2019/2/27

Windows Server 2012で動作しているWebサービスをローカルに構築しようとしてハマった。

WebサーバーはIISでなくApacheなのだが、データベースはSQL Serverという変則。うちの手持ちでフリーとなっている環境はWindows 10とSQL Server 2017というある意味最新で、最初はそっちに合わせてPHPを7にしたところ、対応のドライバがネットの情報でどれも上手く行かずにこれで半日浪費。

PHPは5.6まで落とすことにし、結局XAMPPの該当バージョンを探してきてインストールするも、今度はなぜかApacheが起動せず。が、ここはポートを弄って取り敢えず回避。

最後はSQL Server 2012の検証用データを2017に一発で復元できず、結局Accessを間に挟んでエクスポート・インポートという奥の手を使い、どうにかこうにかシステムを稼働状態に復元できた。

昨年あたりからだが、Windowsのリニューアル系の仕事の引き合いが増えてきている。IE問題もあるので、そろそろそういう時期に差し掛かってきているということの証か。

FUJIFILM X-H1 / XF16mm F1.4 R WR / CLASSIC CHROME

雪上に残ったノウサギの爪痕。雪が固く締まっているので、沈み込みこと無く跡が残ったようだが、爪痕だけというのも珍しい。

カテゴリ:ほ乳類, 独り言|タグ:,

仕事柄か、TMさんはSNSはやってないの?とよく聞かれる。この場合のSNSとはFacebook、Twitter、Instagramを指すことが多いが、実はどれもやっている。

正確には商売柄という側面が多分に大きいのであって、自分自身の情報発信ツールとしてはアクティブに使っていない状態だ。

企業・自営を問わず複数社のサイト管理を行っており、ありがたいことにその取引先も年々増加の一途を辿っているのだが、その延長にSNSへの情報発信代行もメニューとしてあるので、朝に晩にその代行作業が忙しい。

つまり、現状では他所様のナカノヒトになりきっているため、自分自身の情報をリアルで発信するような余裕はまったくないというのが実情である。

時々、巡り巡って「ドコドコのHPにナニナニが載っていたけど見た?」とか、「ドコドコのTwitterでナニナニの情報がツィートされていたよ」的な連絡をもらうが、「あ、ソレはオレが昨晩アップしたヤツ」というパターンがあったりする。

もちろん守秘義務が発生するので微塵もそんな素振りは見せないが、世の中のウラというのは案外そんなものなのである。

企業のPR活動として、朝の通勤時間帯に合わせてターゲットに対してPRメッセージを飛ばすのは当たり前。通勤ラッシュの電車内で貴方が見ているそのFacebookやTwitterの広告は、実は赤城山の中腹から発信していたりする、いやもしかしたら隣に立ってスマホゲームをしている人が発信していたりする、今はそんな時代なのである。

FUJIFILM X-H1 / XF35mm F1.4 R/ CLASSIC CHROME

今週前半は平野部で仕事だったせいか、春かと思わせる陽気であったが、早春のこの時期は三寒四温がしばらく続く。

標高800m付近の赤城山の中腹では、その暖かさで解けかかっていた雪が再び凍りついていた。

カテゴリ:独り言

業界ではファイル転送サービスの宅ふぁいる便の情報漏えい事件が話題。このネット時代、今どき不正アクセスによる情報漏えいは珍しくもないが、宅ふぁいる便のケースで問題なのは2点。

まず、一時的にでも人様のファイルを預かるサービスであるということ。そして、そのアカウントのログインパスワードをなんと平文のまま保存していたという驚愕の事実。

平文とはこれすなわち、目で見て分かる状態のままデータとして記録していたということ。仮にパスワードを「abc123」としていたなら、テーブル..データを格納する器ね..を開けばそのまま読めてしまうわけだ。そこは普通hashするなりして一定のルールで暗号化して保存するのが業界の常識なのだが、運営会社..大阪ガスのIT系子会社..はそんな初歩的なミスを何年も放置していたようだ。

この話でさらに厄介な問題となるのが、宅ふぁいる便を利用していた人達が、同じパスワードを他のサービスでも使いまわしていた場合である。先程の「abc123」というパスワードを、例えばネット通販大手のアマゾンでも使っていたりすると、同時に流出したであろうメールアドレスで、自由に同サービスで買い物ができてしまうということだ。

宅ふぁいる便の問題はそれとして、果たしてどれだけの人がこのパスワード使い回し問題に気付いているか、甚だ疑問である。面倒でも登録サービス毎にパスワードは変えるべきであろう。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

早いものでもう1月も終わり。こんなに雪の少ない睦月も珍しいね。

カテゴリ:季節感, 独り言

無病息災

2019/1/12

東京が初雪でニュースの今日、地区のどんど焼きで朝から奔走。今年は隣の地区と合同開催となったため、達磨やお正月飾りなどが賑やかに集まった。

FUJIFILM X-H1 / XF10-24mm F4 R OIS / CLASSIC CHROME

FUJIFILM X-H1 / XF10-24mm F4 R OIS / CLASSIC CHROME

手練が二人都合で欠員したため、設営にやや手間取ってしまったが、例年通り昼前には準備完了。午後にお焚き上げで、子供たちが餅など焼いて無病息災を祈った。

カテゴリ:独り言

ジャーナリストの兼高かおる氏が亡くなられたそうである。

大変失礼ながらどちらかというとまだご存命だったのか、という意識のほうが強いかも。拙者の世代でもそれくらい昔の人のイメージがある。

物心がつく前、いや、生まれる以前にすでにテレビの中で活躍されていた方で、冠番組であった「世界の旅」は子供ながらに「野生の王国」と双璧のご贔屓番組だった。

今でこそ世界を旅するリポーターなど掃いて捨てるほどいるわけだが、半世紀以上前に「世界」という大きな枠の中で活躍されていた同氏の姿は、ある意味憧れの存在だったと記憶している。

聞くところによれば、当時すでにワンオペ状態だったようで、ディレクターからナレーター、カメラマンまで兼ねていたというから驚きの話である。時にはプロデューサーまで担っていたとも聞くので、スポンサーとも話をつけていたということだろう。

何とも凄いスーパーウーマンが黎明期のテレビ業界にいたもんである。ご冥福を祈りたい。

FUJIFILM X-H1 / XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / Velvia

今朝は氷点下10℃まで下がり、この冬一番の冷え込みに。上越国境も朝からよく見通すことができ、今年初のモルゲンロートが見られた。

明け方、東の空に浮かぶ月に金星と木星が接近するという話を聞きつけ早起きしたが、小雪舞う残念な空模様であった。

月と金星は明るいので薄い雪雲を通してもそれなりに見えていて、木星も肉眼で見えていたが、ISO3200の手持ちで写真に写すのは厳しかった。当たり前だがこういう条件下では三脚使わないとね。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

まだおせちがが残っているので朝からビールとワインでほろ酔い気分であったが、早くも本日午後より初仕事へ突入である。

フォームのUIで妥当性チェックにHTML5の機能を使う予定だったが、込み入った条件の際にちょっとハマってしまって、結局いつものjQueryプラグインのValidateに落ち着く。

アルコールが回っていたわけではないだが、正月ボケもほどほどにしないと..

カテゴリ:気象・天体, 独り言|タグ:

謹賀新年

2019/1/1

あけましておめでとうございます。本年もティエム・イメージングと当ブログをよろしくお願いします。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

今期は役の関係でちょっと早めに近所の十二様へ出掛けたため、いつもの場所からでなく、十二様脇の伐開地より赤城鈴ヶ岳の初日の出を拝んだ。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / CLASSIC CHROME

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

十二様にて焚き火を囲んでの顔合わせ高齢、いや恒例新年会。昨年は不幸が多かったせいで、参加者は例年より少ない。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

うちの地区からも冬は富士山が見えると聞いていたが、以前に確認した時は標高800mぐらいまで上がらないと見えなかった。

それが今日偶然に650m付近..我が家より低いが緯度的には南寄り..にて、隙間から雪を被った富士山が見えていることを発見してしまった。これは新年早々縁起が良いかもw

カテゴリ:, 独り言|タグ:,

歳の瀬コード

2018/12/29

この歳の瀬に書くような話題ではないが..

VisualStudioによる業務系開発で昔から懸案なのが、数値入力用の適当なコントロールがないことだ。久しぶりに更新した最新のVS2017にしてもそれは解決しておらず、巷では未だにイベントでkeycode拾ってみたいな対応になる感じ。

某ぶどう系のカスタムコントロールの存在はVBの頃から知られているが、とにかく有料で高いことと、元請けさんがその使用を許可してくれないと勝手に使うわけにもいかない。

仕方ないので、クリスマス中に昔取った杵柄で独自にカスタムコントロールを作成してしまった。もちろんTextBoxを継承してそれを拡張する形をとったのは言うまでもない。

あまり深いところまで手を出すつもりはなかったが、結局WinのAPIを介してゴリゴリとC#でコードを書くことになってしまった..

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / CLASSIC CHROME

もう少し積もるかと思ったが、昨晩は早くに止んでしまったようで、庭先で10cmちょっとと意外に少なかった。

その点、みなかみの藤原は未だ降り止むことなく、夕方の時点で120cmを超えたようである。まだ明日も降り続くようなので、さらに積み増しは必死だ。

カテゴリ:独り言
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2019/3/22
花粉でもやもや
てっきり今日は朝から良い天気になると思っていたが、期待通りの空模様ではなかった。さらに朝から気温が高 ...
2019/3/20
庭先でいざこざ
やけにヒバリの声が近いなと思って窓の外に目をやると、バルコニーのすぐ目の前を降下していくところであっ ...
2019/3/19
春の青赤黄緑
外界で少し春を先取り。 FUJIFILM X-H1 / XF35mm F1.4 R + MCEX-1 ...
2019/3/18
春の調査
昨秋の調査で、北部フィールドの某谷の天狗様の行動圏が少し西にずれたように思われるので、その辺りの確認 ...
2019/3/17
寒の戻り
今朝はよもやの氷点下に思わず身震い。年によって桜の咲く頃に雪が降ったり、GW明けに遅霜が降りたりとい ...
2019/3/16
風呂上がりの一本
明治のフルーツ牛乳が生産終了になると、ちょっと前にニュースで話題になっていたが、よく出掛ける近所の温 ...
2019/3/15
木こり作業
赤城高原に住み始めた頃に植えたカラマツが、17年を経て10mを超えるまでに成長した。 元々は沼田の花 ...
2019/3/14
不死鳥!天狗3号
実は年明け早々に天狗3号が故障した。原因は墜落に近いが、どちらかと言うと落下というのが正しいかな。 ...
2019/3/13
朝から花粉光環
花粉に悩まされるこの時期の旬の話題の一つが花粉光環現象だ。 大気中に大量に飛散した花粉によって太陽光 ...
2019/3/12
早咲き桜
沖縄・八重山地方の桜と言えばカンヒザクラだが、本州で早咲きと言えばカワヅザクラだ。お馴染みのソメイヨ ...
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。