カテゴリ : 独り言

photrest banner

台風21号に続くように今朝方早くに北海道で大規模な地震が発生して、夏の豪雨と猛暑に痛めつけられた日本列島は息つく暇もない。

猛暑に関しては地球温暖化という人の業の結果なのである意味自業自得であるが、自然災害である台風と季節的な豪雨、火山活動、地震と地震に伴う津波など、日本の自然災害..豪雨に関しても地球温暖化の影響が大きいのは否定しない..の多さは今に始まった話ではない。

未だ活発に活動を続ける太平洋プレートとフィリピン海プレート、日本列島が半分ずつ乗っているユーラシアプレートと北米プレートの合計4つのプレートの境界に位置するという地勢的な条件において、特に地震の多さは如何ともし難い。何しろ地球上で発生する地震の10%は日本列島の周辺で発生しているのだから。

さて、今年は明治から数えて150年になる。タイを除いたアジア各国は欧米列強の植民地政策で数多の侵略を受けてきた..日本もアジアの一員ながらその侵略側に立った負の歴史を持つが..が、幾多の大戦を経ても尚、日本列島は未だに植民地化されたことはない。

その理由は諸説あるのでどれが正しいとは言えないが、ジパングは極東の呼び名の通り、西からやって来る欧米列強各国からみると地勢的に大陸の末端に位置するため、色々な意味で植民地化して元が取れるか..植民地政策はれっきとした経済活動の一貫なので..というそろばんを弾いた場合、どうやらそれほどでもないという判断をされたというのが挙げられる。

つまり、当時の他のアジア諸国に比べて民度が高く、植民地政策を敷けるほど一般人の教育水準が低くなかったこと、そもそも土地も資源もない..石炭の産出量は多かったようだが..というのが表向きの理由である。

だが、古くは室町時代末期には宣教師という名の調査団が送り込まれてきていて、彼らは事ある毎に詳細なレポートを本国に送っていたわけだが、その内容にはジパングの災害の多さも含まれていたはずである。

これはあくまでネタであるが、そういった調査の結果、こんな理屈っぽい連中が沢山住んでいる災害の多い国を植民地として従えても金ばかり掛かって利益が得られない。それなら経済的に発展させて貿易を行い、持ちつ持たれつの関係のほうが良いと判断したのではないだろうか。

つまり、自然災害の多さが結果的に今日の日本の在り様を守ってきたのではないだろうか、なんて思わなくもないのだ。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / PROVIA

今朝の赤城高原。上越国境がややモヤッとした感じなのは台風の置き土産の名残か。昼間はそれなりに気温が上がっても、朝は長袖が必要になっている。

カテゴリ:独り言

先日のCとPの話から、今後しばらくのカメラ業界・写真業界の動向・趨勢はおおよそ見えてきたと言って良いだろう。

フィルムからデジタルへ、一眼レフからミラーレスへと、イノベーションとともに時代を移り変わる写真の世界。所詮カメラは写真を撮る道具なれど、その写真機なくして写真は撮れずなので、時代のうねりに巻き込まれるのはこれ必定なり。

それにユーザーとしてメーカーの製品アナウンスに一喜一憂するのは心理である。それぞれお気に入りのメーカーの戦略に心躍らせて、好みのカメラの登場を心待ちにする。カメラは実用的な道具であると同時に、趣味性の高い商品であるからだ。

道具だから写真が撮れればそれで良い、カメラなど何でも同じだと強弁する向きもあろうが、ユーザーのファン心理とはそういうものであり、その市場動向というユーザーの意向なくして、資本主義経済におけるメーカーの製品に対するイノベーションも成立しないのである。

逆に見れば、理由はどうあれ多くのユーザーから支持される製品を作れるメーカーがあるからこそ、「道具だからカメラなど何でも良い」という考え方ができるのであって、決してそこを忘れてはならないだろう。

かくいう拙者の場合、以前は特定のメーカーに依存していた時期もあったが、ここ10年ほどは特定メーカーへのこだわりはない。つまりは「道具だからカメラなど何でも良い」に近い考え方だったりするのだが、特定の目的のために使っているメーカーもあるので、一切がそこに同調するというわけでもない。

まあ何にせよ、沢山の選択肢の中から色々選べ、恐らく何れどれを使ってもそう大きく外れることのないというのは良いことだ。あとはそれこそお気に入りのメーカーやブランドからチョイスすれば良いだけである。フィルムカメラの頃から見れば、つくづく良い時代になったもんだと感慨深いね..

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

今日は朝から雨だったが、昼頃にはその雨も一旦止んだ。

秋雨前線が南下していてそこに台風21号がやって来るので、週明けはまた雨が強く振りそうだ。コースが前回の20号に近いので、例の線状降水帯の影響で東の関東でも要注意だろう。

カテゴリ:独り言

湖に山に

2018/8/21

急遽の依頼を受け、県内某所の湖沼にてとある生きものの捕獲作業に従事。早朝は湖岸の竹やぶ主体の雑木林をうろつき、その後はゴムボートで湖上へ繰り出した。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.

捕獲作業は日の出前から始まってお昼には終了したので、帰路は少し寄り道して某天狗様ペアの観察へ。

いつもの展望ポイントも林道脇の木々が繁茂してやや視界が良くなかったが、コンビニで仕入れた昼飯食いながら、のんびり双眼スコープで山並みと谷筋の斜面を覗く。

3kmほど離れた尾根上に黒い鳥影が2つ浮かんでいるのを3分ほど見ただけであったが、ここはまあいつもの事なので、朝が早く眠いこともあって今日はここで山を降りた。

カテゴリ:独り言

先日、若手のカメラマンたちと話をしている際、「TMさんの写真ってすごくエモいですね!」と若者に言われて、オジさんはちょっと固まってしまった。

エロいとかキモいとかそっちの方の意味かと思ったがw、盆で帰省していた倅に聞く限りエモーショナルを語源とする表現らしく、SNS界隈ではそんなに新しい言葉でもないらしい。

言葉は時代に合わせて変化していくものと考えているので、別に日本語を正しく使えなどと言うつもりはないが、普通に「感動した」とか言えないもんかね。

SNSを天気予報とニュース速報の収集ぐらいにしか使ってないオジさんからすれば、せいぜいイイねぐらいで勘弁しといて欲しいねw

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

色温度の低い時間帯にVelviaで撮ると、どうやらそのエモい感覚を呼び起こすらしい。つまりエモいのは拙者の腕ではなく、フジのフイルムシミュレーションということだ。

もちろん、RAWからレタッチを施してさらならエモさを追求することもできるが、昨今流行りのインスタばえごときの盛り方は好みではない。自然を撮る以上、写真ジャンルでもネイチャーって言うぐらいだから、コントラストの微調整程度で丁度よいのだ。

カテゴリ:独り言

赤おぼろ月

2018/7/24

D5がリコール対象で部品交換に出したところ、代車が軽のekワゴンであった。が、これがアイドリングストップ車であることを知らなかったため、いきなり信号待ちでエンジンが停止してちょっとビックリ。

フットブレーキを離すと再始動する仕様のようで、それにはまあすぐ慣れたのだが、エンジン停止中は気持ちエアコンの効きが落ちるので、車外温度計が43℃とか指しているのを見ると、ちょっと精神衛生上よろしくなかったw

ところでアイドリングストップは燃費が向上してエコだという触れ込みだが、停止中の時間が長ければそれなりに効果はありそうだが、何となくエンジン再始動時のほうが燃料を食うのではないかというのが、オヤジ世代としての率直な感想である。

軽自動車ぐらいの小排気量ならばそう気にするほどではないのかもしれないが、果たして実際のところはどんなもんだろうか。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

月と雲の位置関係によっては、夕焼け後の残照がイイ感じになることもある、そんな例かな。

カテゴリ:気象・天体, 独り言|タグ:

シンクロ

2018/7/7

七夕のこの日、2台のトラクターがその出会いに歓喜するシーンに遭遇。蒟蒻芋を植えるトラクターと、薬を撒くトラクターが妙にシンクロしているように見えたのでパシャ。

FUJIFILM X-H1 / XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / PROVIA

FUJIFILM X-H1 / XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR / PROVIA

撮っているときは気が付かなかったが、こっちではキジの夫婦もシンクロしていたw

カテゴリ:独り言, |タグ:

正直、後半20分時点では勝ったと思った。乾の無回転シュートには全身鳥肌立って、早朝に思わずヤッター!と叫んでしまったのは拙者だけではないはずだ。

が、喜びも束の間、その後の連続3失点に泣いて、やはり欧州チームはつくづく強いと思い知らされた。

でもまあ束の間のベスト8気分を夢見させてもらったので良しとしようか。ニッポンサッカーがワールドカップの決勝上位で戦えるようになるのも、あともう少しのところまで来たかな。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

梅雨明けと同時にアキアカネの第一陣がやって来た。まだ数は少ないが、これから日を追うごとに避暑トンボの数は増えていく。

カテゴリ:小動物, 独り言|タグ:

もう梅雨明け

2018/6/29

何とも釈然としない結果だと受け取るファンも多いことだろう。素人目に見ても、昨晩のポーランド戦の後半最後のほうはそう思わざるを得ない試合運びだった。

リーグ戦であるためルール的に何ら問題もなく、戦術として間違っていると言えないようだが、ファンのいる興行という側面では疑問符がつくのは当然だろう。何しろ試合に負けたのにフェアプレーのポイント差で決勝に進めるのだから、何とも皮肉なものである。

決勝トーナメント初戦のベルギーには正々堂々とガチンコで挑んで、一矢報いて批判的な声を吹き飛ばしてほしいものだ。勝つことを期待するのは厳しいとは思うが、せめて欧州強豪から点を取って欲しいね。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / PROVIA

いやいやまさか、昨日の今日でいきなり梅雨明け宣言になるとは思わなかった。例年なら7月20日前後であるが、6月に明けるのは関東では観測史上最速とのことだ。

気象庁が宣言したからと言ってもう雨が降らないという話でもないが、こうなるとなるべく被害のない範囲で雨台風でもやって来ないと、間違いなく水不足になる。

カテゴリ:季節感, 独り言|タグ:

濃いサッカーファンには申し訳ないが、昨晩のセネガル戦は絶対勝てないと思っていたので、期待しない分ある意味安心して観ていられた。なので素人目に見ても引き分け勝ち点1は結果オーライではないだろうか。

おっさんジャパンと揶揄されていた下馬評を見事にひっくり返しての善戦に、最後のポーランド戦は俄然面白くなってきたね。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

今年はあちこちキビタキの当たり年だったようで、北部フィールドのみならず、家の近所でも結構な個体を見かけた。2枚目など隣家の柵だしね。

もう繁殖も一段落するこの時期、未だに朝から鳴いている個体もいて、あぶれ雄もそれなりにいたようである。

カテゴリ:独り言, |タグ:

雨上がり

2018/6/20

このところ疲れが溜まっていたせいか、昨日のコロンビア戦は前半に同点に追いつかれた辺りで、寄る年波にも勝てず寝落ちしてしまった。

次に目を覚ました時は香川のインタビューで、その後のダイジェストで予想に反して初戦を勝ったこと知る。これは番狂わせなのか、想定されていことなのか素人に判らんが、まあやれば出来るんじゃんって感じである。これでまだ予選リーグは楽しめそうかな。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / PROVIA

今日は終日雨模様。夜半は強く降った時間帯もあったようだが、朝には降りも弱まった。早速、近所の森でホトトギスが鳴き始めた。

カテゴリ:季節感, 独り言
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2018/11/15
狩猟解禁
今年も猟期がやって来た。鉄砲打ちも高齢化が進んでサンデー毎日な人ばかりなので、平日だと言うのに解禁日 ...
2018/11/14
ドローンで野生動物を狙うのは難しい
先日、ロシアで撮影された雪の急斜面を必死で登る子グマの映像が、良い意味でも悪い意味でも話題になってい ...
2018/11/13
ほんのり薄紅色
今日は近所の防風林でシメを初認。これから南下していくのか、越冬個体として定着するのかはまだ不明だが、 ...
2018/11/12
お若いのに
この秋はシカをよく見かける。シカは近所に通年いるので珍しくもないが、明るくなって目視できる時間帯にオ ...
2018/11/11
近所の紅葉
備忘録的に季節の動きを少しアップしておく。 FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2 ...
2018/11/10
人は見かけによる
あまり一般の人が休日の時に動きたくないのだが、久しぶりに晴れたのでちょっとフィールドに出撃。 夏場は ...
2018/11/9
新興中華侮りがたし
某社の新型カメラの企画会議で、次にカメラに搭載する新たな機能について意見を募ったところ、「電話機能を ...
2018/11/8
家の周囲にハイタカ
先日林道で冬羽のカシラダカを見掛けた。少し前にマヒワの小群にも遭遇しているが、今年はまだツグミがやっ ...
2018/11/7
立冬って感じがしない
今日は立冬だが、早くからこの冬は暖冬と言われてきているので、こう暖かい日が続くとさもありなんである。 ...
2018/11/6
食うことも命がけ
先日の記事で、こんにゃく芋には野生動物も手を出さないと書いたが、中には味見を試みるチャレンジャーがい ...
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。