カテゴリ : 独り言

photrest banner

早いねぇ、ビジネスカレンダー上では今年も後半戦に突入ですか..

などと世間でそんな話をすれば、今年は新コロナの影響が大きいですよねぇみたいな流れになるのだが、個人的にはWeb制作案件がいくつか先送りになった..それに関係して撮影仕事は休業中..ぐらいで、今のところ日常生活で特に大きな影響はないな。

地元はいわゆる田舎の農村地帯であるし、天狗フィールドは奥山だし、世間の自粛ムードなど何のそのと春に裏仕事で出掛けていたエリアも基本的に山の中だったので、何がなんでもの自粛警察や、マスクしてないぐらいで文句を言うマスク警察もいないしね。

先週あたりから自粛を伴う行動制限が解除されて世の中が動き出している感はあるが、我々の表の仕事場は皆もともと自宅兼用なので、世の中がテレワークだのなんだのと騒いでいるのを横目に、こちとら四半世紀もテレワークだぜ!と仕事仲間と別の意味で盛り上がっていたくらいだw

zoomとか急に流行りだして、クライアントからzoom会議に参加できますか?なんて聞かれて、いやいやSlackつながりで新コロナとは関係なく普通に使ってますが何か?って感じである。

そのオンライン会議と言えば、昔からSkypeを使った打ち合わせはうちの業界ではスタンダードだったが、昨日今日zoomをやり始めた連中は妙にWebカメラを使いたがるのが厄介である。

そもそも声が聞こえればいいだけで、画面は資料を共有するのが目的なんだし、別に顔見せしなくても良いじゃんと言ってカメラはいつも切っているが、その辺の感覚の違いはジェネレーションギャップなんだろうなぁと思いつつも、ただ新しいオモチャでやってる感出したいんだろうとも勘ぐってみたり。

Webカメラと言えば、シグマのfpを皮切りにミラーレス一眼をWebカメラ代わりにして高画質でオンライン会議!っていうのがトレンドになっているようで、キヤノンとフジ辺りも後追いしているが、小綺麗に着飾った若い子どうしならともかく、やれたオッサンの顔を高画質で眺めてそれ誰に得あんねんw

そう言えば、そんなジェネレーションギャップ以上に笑えるのが、オンライン会議にまで古き社会構造と悪しき商習慣を持ち込もうとする連中の存在で、ログイン順に画面の上から参加者が並ぶという至極当たり前の仕様..米のサービスなので考え方が合理的なのだよ..なのに、立場のエライ順に上から並べろとか言い出すというから、思わずアホか!って突っ込みたくなる。

オンライン上のサイバー空間に上座も下座もねぇんだよ、って草薙素子なら言うかもねw

FUJIFILM X-T4 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Classic Nega.

ずーっとシモツケソウだと勘違していたが、これはただのシモツケだそうで、似て非なるものらしい。前者は日本固有種で生息地も限られているらしいが、本種はまあ山野草としては普通みたい。

とは言えこの赤い野草が花を付け始めると、高原の梅雨も後半戦といったところだ。

カテゴリ:独り言, 花・植物|タグ:

有事にまったく使い物にならないことが判明して、危うく巨額の税金を無駄にするところだったハリボテまがいのイージス・アショア。

てっきり諦めたのかと思ったら、舌の根も乾かぬうちに今度は敵基地攻撃能力の保有を検討するとかアレが言い出しぞ。憲法9条を護ろうなんて話、そのまま素通りする気満々だな。

新コロナ対策すら満足に実行できない無能無責任を絵に書いたような今の政府に、「相手に日本への攻撃の意志が認められる」「今だミサイルいてまえ!」などという映画の主人公のような緊張感みなぎる判断ができるとは到底思えないな。

どうせまた選挙向けに支持者に対するやってる感演出と、花札野郎から新たな高い飛び道具を買わされる前触れなんだろう。

しかし、仮に相手がブラフだけだった場合に当該の基地を攻撃してしまったら、それは先制攻撃となって国際法違反になるんじゃねぇの?国際法違反で揉めるぐらいで済めばまだマシだが、普通に考えればそれは戦争状態、まさにリメンバー・パールハーバーに他ならないぞ。

新コロナの第二波襲来と、これから来るであろう未曾有の経済危機への備えこそ何よりも優先すべきなのに、敵基地攻撃能力とか何とか気が狂っているとしか思えんな、この国の政府は。

FUJIFILM X-T4 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Classic Nega.

予報通り晴れたのは昨日だけで今日はまた雨模様。

どのみち月末でそれどころではないので天気はどうでも良いのだが、昨日午後に見た天狗様の動きが気になって仕方がない。

週間天気予報だと2日にチャンスがありそうな雰囲気あるけど、うーんここはいっちょいてまうか..

カテゴリ:季節感, 独り言

先週、国が民間や官民の契約書類等にハンコ捺印は不要との見解を示した。

以前から書類へのハンコ捺印には抵抗感が強く懐疑的であったが、図らずも新コロナの影響で認知され始めたテレワーク普及の妨げになるとの理由から、ようやく国が重い腰を上げたようである。

第一次産業の現場勤務を除けば、接客業のような対面業務でもない限り在宅ワークは可能であるが、ハンコ捺印のためにわざわざ会社まで出向かなければならないというのは片手落ちとしか言いようがない。

逆に言えば、ハンコフローが強制されている時点でテレワーク推進など実態が伴っていない有名無実だったわけだが、これで社会全体で大手を振ってデジタルワークフローへ踏み出せることになる。

ハンコ自体、漢委奴国王印のように歴史的な文化遺産として扱われるのは否定しないが、素材に象牙を使う限りこれから新たに作られ使用されることには断固反対の立場であるし、IT屋の末席に未を置いている立場的にも、誰でもどこでも手に入れられるハンコで本人確認など到底容認できない。

今回、内閣府・法務省・経産省の連名..どれも渦中の問題の役所だなw..での公表なので、これでもう後戻りすることはないだろうな。

これであと問題はITを使いこなせないと公にしている無能なIT担当大臣だが、この秋にあるであろう衆議院解散の前に取ってつけたように在庫一掃処分的な内閣改造があるだろうから、早晩クビになるのは間違いない。

どんな内閣になろうが、今度こそ台湾のように民間から優秀なIT伝道師的な人材を徴用することを望むぞ。

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この時期に一時的に見掛ける蝶で、写真判定でツマキシロナミシャクというシャクガの仲間と判明。

スジグロチョウなどモンシロチョウの仲間は開けた空間で見掛けるが、こちらは林内や林縁部に多い印象。幼虫がサルナシの葉を好んで食べるというのでその点で納得。

とにかく動くものに敏感で近づこうとするとすぐに飛んでしまうのが厄介だ。ようやく葉陰から望遠マクロ的に押さえたが、てっきり頭だと思っていたほうが腹だったというオチで、ピンの位置が逆であった..

東京都の発表では4月の死者数は約10100人だそうだ。これと過去4年間の同月の平均(約9000人)を比べると10%以上も上回り、平年より実に1000人程度も多い計算になる。

それをもって超過分は新コロナの死者数だろうというのは早計で、これまた東京都が発表している新コロナによる4月の死者数は104人なのである。

何が言いたいのかというと、新コロナの影響による死者数を意図的にわざと少なく見積もってないかということ。新コロナがパンデミックした年に、新コロナ以外の理由で死者数が平均を10%以上も上回る理由を緑のオバさんは説明できるのだろうか。

6月上旬の厚労省の発表では20代の死者はまだいないことになっているが、この5月に新コロナで亡くなったと報道発表されている高田川部屋の20代の力士(都内在住)の扱いは一体どうなっているのか。上手く新コロナを封じ込めてる感を演出すべく、統計に都合の良い基準を勝手に設けてしきい値を操作していないか、国も都も怪しいものである。

何せ、全国で感染者数が急増し始めていた3月下旬まで、何の根拠も示さずに東京五輪を「完全な形で」今夏に実施しようとしていた連中だ。どんな数字の操作をしていてもおかしくはないぞ。

そして今はまさに渦中の都知事選が進行中。

外交と防衛を加味しないと国政の判断は難しいが、地方行政はいかに人に寄り添えるビジョンを打ち出し、尚且それを確実に実践していけるかが重要だ。これからやると言っていることも大事だが、現職は今までやってきたことを評価することも忘れずに判断材料とすべきだ。

倅が二人都内在住であるので他人事ではないし、日本の首都の舵取りを選ぶ選挙だ。何一つ公約を達成できていない緑のオバさん..御身大事な政治姿勢はアレとそっくりだぞ..をまた懲りずに選ぶのか、新たな変革に託すのか注視したい。

FUJIFILM X-T4 / LAOWA 65mm F2.8 2× Ultra Macro APO / Classic Nega.

地方行政に流行語や横文字を並び立てた美辞麗句に飾られた政策などまったく無用だ。

何より人に寄り添った政策を期待したいものである。

カテゴリ:独り言, 花・植物|タグ:

もう風前の灯のようなアレの支持率。アレと自民党がお題目のように唱えている憲法改正まで、その沈みゆくアレに引きずられて儚く消えてしまうのを座して見ているものかとばかりに、自民党がSNS上でなりふり構わない攻勢に出始めている。

どこぞのアホな広告代理店..今をときめく電ナントカか?まあ推して知るべしだなw..にでも頼んだのか、妙なキャラクターにダーウィンの進化論を語らせる手口できているが、それが思いっきり無知をさらけ出すザマとなっていて、生きものクラスター界隈からは非難と嘲笑の嵐である。

ダーウィンが言ったとされている「この世に生き残る生きものは、最も強いものや最も賢いものではなく、変化に対応できるものだ」という発言を引き合いに、だから日本も生き残るために憲法改正が必要だというトンデモ理論を展開しているのだ。

何の脈絡もなく進化論と憲法改正を絡めること自体が愚かな話であるが、そもそも「この世に生き残る生きものは..」と言ったのはダーウィンではなく、進化論を誤って解釈した米の経済学者の言葉であり、現代にその誤った論説が広ってしまっているのだ。

ダーウィンが言ったのは「環境の変化は無数に起きていて、その変化に適応できた生きものが偶然に生き残った」という程度のものだ。

それに進化することが是で進化を拒むことが否という理屈もおかしな話で、環境が安定している限り生きものがその生態や形状を変化させる必要すらないのは言わずと知れた話である。必要もないのに変化を求めるのは進化論とは相容れない論理だろう。

それに進化論を口実に国を動かそうとしたのはナチスのヒトラーぐらいなので、そんな空恐ろしい話を憲法改正に絡めて流布すんなよってことだぞ。

先日の記者会見の名を借りた原稿棒読み朗読会では、新コロナで疲弊している多くの世の中の人は誰もそんなことは思っていないだろう憲法改正を、自らの手で成し遂げるのだと恥も外聞もなく独り言を言っていて呆れ返ってしまったが、法の秩序を乱して歪め、その法を守らず逃げ回っているような連中に憲法改正などさせるわけなかろう。

憲法を変える云々の前に、まずはお前らの恥知らずなトップを変えろよな。

FUJIFILM X-T4 / XF10-24mm F4 R OIS / Classic Nega.

明日は夏至だというのに、昨日今日とあまりの涼しさに身震いしている。どのくらい涼しいかというと、ネコが朝からソファーの上でアンモニャイトになっているくらいw

とにかく風が冷たいので窓は終日締め切っており、今月に入ってからアイスコーヒーに変えていたのをホットに戻してる。

カテゴリ:独り言

その昔、国政にまつわる大疑獄を子供ながらに聞いてそこそこ記憶が残っている事件をいくつか覚えているが、今回逮捕された広島のバカ夫婦議員は、色々な意味で近年見かけなかったスゴイ話と思うぞ。

巷の報道によれば、ことの発端はバカ嫁が支援者に露骨に金を配ったまんま買収であり、今どきうかつな分かりやすい話だが、どうもそれを差配したのがアライグマ夫のほうらしい。

配られた金は自民党本部から選対費用として流れた1億5000万もの大金が原資とのことで、同じ選挙区のベテラン議員には1500万だったというから、どうして同属議員と10倍もの開きがあるのか謎であろう。しかも買収に使われた金を差し引いても1億5000万の残りは相当なもので、それがどこに行ってしまった..戻ったという見方は穿っているかw..のかも謎だな。

そもそも夫婦揃って現職の国会議員というのが珍しい..と書いてから数年前に不倫問題で旦那が辞職した夫婦議員がいたことを思い出したw..が、しかもそれぞれで衆議院・参議院であったため、さしずめ衆参ダブル逮捕と言ったところだな。

バカ嫁はさておき、問題なのはアライグマ夫のほうだろう。現職の法務大臣も大概なんだが、アライグマ夫はその前任の法務大臣だったのである。法を司る行政のトップにいた人間が、見事に法を破っていたというのは憲政史上前代未聞のことではないだろうか。

そしてなんと言ってもなのは、報道では何故かほとんど触れられていないが、アライグマ夫はアレの首相補佐官を努めていた時期があり、世界の鼻つまみ者である米の花札野郎との中を仲介した人物でもあるらしい。つまりアライグマ夫もアレのお友だちだということだ。

もはや茶番でしかない記者会見の名を借りた原稿棒読み朗読会で、アレは例のごとく「責任は私にある」「責任を痛感している」といつもの弁。

それぞれ「責任はあるが責任を取るとは言っていない」「責任を痛感しているがそれだけの話しである」と言い換えられるのもいつもの大喜利状態だが、さすがに民主主義の根底を揺るがすような選挙に関わる事件をおいて、しらばっくれる様はねぇだろう。新コロナの対応に邁進すると言えば、何でもかんでもスルーできると思ったら大間違いぞ。

検事長が賭け麻雀していて無罪放免とか、法務大臣経験者が買収に関与していたとか、この国の法の秩序はもはや治外法権だな。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO / プロキャプチャーモード

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO / プロキャプチャーモード

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-20

スジグロチョウが一斉に羽化したようで、畦のハルジオンに沢山集まってきている。飛んでいるところを撮りたいのだが、昆虫は素人ゆえなかなか飛び立つタイミングを推し量れずにいる。

そこでプロキャプチャーモードを使うことになるが、E-M1系のプロキャプチャーモードはHとLがあってHのほうがより多くの時間を遡れるのだが、記録中にAF動作をしないので、どっちに動くが予想が難しい生きものの場合はLのほうが適している。

ただ、それでもやはり飛び立つタイミングを予想できないと、いつまでもカメラを構えているはめになる..この時E-M1XとED300PROの組み合わせはなかなか辛いw..ので、こういう時は三脚に載せてリモートで取るほうが確実なんだろうな。

きな臭いぞ

2020/6/18

アレが非常事態宣言の根拠に「100年に一度の危機」だの「新コロナの問題はさながら第三次世界大戦だ」とまで言って国民感情を煽っていたのに、与党は補正予算の審議もせずにとっと国会を閉じてしまったではないか。

東日本大震災の年は会期を延長して長々と国会でやり取りしていたと記憶するが、今回は相当に分が悪い..震災の時は民主党政権だったが..と踏んでいるのであろう、どのみちアレはどうあっても疑獄だらけで追求されたくないのがミエミエだな。

だが、国会を閉じて自民党議員にボーナスとは別に200万円支給して国に帰れとしている辺り、この秋早々に衆議院の解散総選挙をやらかす魂胆なんだろうと推察。

この冬には新コロナの第2波が来るというのが専門家の見立てで、そうなったら選挙どころではなくなるし、来年になれば東京五輪どうすんの問題もある。東京五輪を中止としてからの選挙では勝てる見込みはかなり低くなるので、そうなるとタイミングはもはやこの秋しかないだろうな。

折しも東京都知事選が話題だが、国政返り咲きを目指していたはずの山本太郎が立候補..彼を含め候補者がすべて地雷というのもスゴイなw..しているのも、何となくそんな目測があると思うぞ。

まかり間違って、世界でも有数の大都市である東京を司る都知事になったらそれはそれで箔が付くだろうし、新コロナで封じられていた得意の街宣活動自粛が解かれ公然と選挙活動ができるので、落選しても言葉は悪いが十分な売名行為となるので、直後に続く衆院選でも有利と踏んでいるのだろう。野党共闘を蹴ってれいわ公認にこだわったのもそんな計算じゃないかと。

新コロナで疲弊しきった国民生活を尻目に、まったく生活に影響のない国会議員を税金大枚投じて選ぶのも賛否両論なのは間違いないが、仕事しない無能な現職を葬るのもまた選挙しかない..しっぽ切りされた広島のバカ夫婦は自爆だけど..ので、こればかりやらない方が良いとも一概には言えないな。

ま、規定通りの国会閉会と東京都知事選に絡んで、にわかにきな臭い感じがしているのは確かだ。

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

下界は真夏日で結構暑いという話であるが、赤城高原ではここ数日涼しい風が吹いていて、日中でも窓を締めないと薄ら寒く感じる時がある。

涼しいうちにとここぞとばかりに仕事サボって庭の草刈りに従事したが、右往左往して逃げ惑う虫たちは子育て中の鳥には良い恵みとなっているようだ。

カテゴリ:独り言, |タグ:

布マスクの次はミサイル迎撃システムかよ。アレの買うものはみんな不良品ばかりだな。

国の無策無能のために新コロナで汲々としている国民には大した金も出さないくせに、米の花札野郎には大金を貢ごうとしていたのだから困ったもんだ。花札の大統領再選は風前の灯火なんだし、あんな世界の鼻つまみ者と仲良くしていても何の得もないぞ。

ことの発端はイージス・アショアから発射されるSM-3迎撃ミサイルの三段式ブースターの落下地点をコントロールできないという話で、設置場所の近隣の市街地への落下が懸念されているわけだ。自動小銃を打つと右側から空薬莢が排出されてくるあれをイメージすれば分かりやすいが、SM-3のそれは700kgもあるから民家にでも落ちれば一大事である。

本家の米では海に面したハワイや、周囲に人の住んでいないアラスカの北極海沿岸での運用を想定しているのでこの点は無視できる。NASAがフロリダのケープ・カナベラルからロケットを打ち上げるのも同じ理由だし、日本の種子島宇宙センターも同意だ。

つまり最初からそんな事はわかりきってた話だろう?ってことで、アレの花札野郎のご機嫌取りの手段に使われた公算が高いというわけだ。

大体だ、海に囲まれた海洋国家の島国なんだから、誰が考えてもイージス艦のほうが理にかなっているし、例のスダレ長官も記者に問われて、今後も粛々とイージス艦で対応していくと言っていたではないか。

そもそもGoogleマップで世界中の誰が見ても容易に位置が特定できてしまう現代において、迎撃システムを恒久的に陸上に固定して晒しておく意味が不明だろ。

護衛艦より施設固定のほうがコストが安く済むという方弁はナシだな。現に今回もここまでに1千億を超える無駄な予算が投入され、さらにキャンセルすることで米から法外な違約金を取られる時点でコスト云々をどの口が言うかだ。

アレが国会で「いわば地上型だから毎日家から通える」と呑気にほざいていたが、それならイージス艦を日本海側の港に係留しておけば同じだろう。いざという時はそのまま出航して現場海域に行けるではないか。日頃から右向けに国防が大事とか言っているくせにバカなんじゃね?

さらにアレは今回のイージス・アショアは「地元への説明の前提が違う」という理由で進めるわけにはいかないとも言っていたが、大丈夫か?そんなさも地元に理解を示したような適当なこと言って。

そうなると税金大枚はたいて埋め立ててしまった沖縄の辺野古も同じことになるぞ?

OM-D E-M1 MarkIII / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

アートフィルターのジオラマを使って眼下の沼田市街地をミニチュアっぽく撮影。焦点距離は換算800mm相当だ。

個人的にはこういうアーティフィシャルな感じの画作りは好まないが、これはちょっと前に仕事でジオラマ撮影を頼まれたので、その前にテストで色々試したうちの一枚。

フィルム時代なら専用のティルトレンズを使ったものだが、デジタルの今はカメラ内で完結してしまうのでこれはこれで便利。しかもデジタル処理なのでレンズの焦点距離を選ばないしね。

ちなみに使ったことはないが同じような機能はフジのカメラにも搭載されている。

カテゴリ:カメラネタ, 独り言|タグ:

フロー悪すぎ

2020/6/16

持続化給付金が未だに50万件あまりも支給されない件について野党から問い詰められ、「すでに150万件も支給している」「経産省は頑張っている」「申請する側にも問題がある」と逆ギレしてムキになって応えていたアレ。

記者会見では取り巻きの書いた原稿読むしか能がないヤツが、たまに自分の言葉でしゃべるといつもこんな感じで自画自賛とできないことへの言い訳ばかりで情けない限りだな。どこの厨二病だよw

良いかアレよ、実行された数自慢など誰も聞いてないぞ。どんな理由であれ給付されない人が50万件もいて、しかもその人たちに給付実行が停止していることが知らされていないのが問題だと言っているのだ。頑張っているからオッケーなんてどこの小学生の論理だよ!これは完全に急造システムの不備だぞ。

申請してきた人が何らかの理由で弾かれた場合、それを最優先で対応する別フローが必要なのだが、恐らく「後回し」にして後でまとめて処理みたいに考えているフシがある。次から次へと申請が上がってくるなんて初めからわかっている話なのに、同じフローの後処理に回していたんではいつまで経っても最初に弾かれた人は放置されたままとなってしまう。

先日、世間から怪しいと訝しがられ急遽記者会見を開いた席上で、件のサービスデザイン推進協議会の役員がいかにも自分たちはこういった処理に長けているような口ぶりだったが、フェールセーフに対する発想が明らかに欠落している感じで、現役のシステム屋から見てもとても技術的に優れているとは思えないね。

ちなみに未実行の50万件の中には初日に申請した人が多く含まれているらしい。業者は書類不備が理由とか何とか言い訳していたが、恐らくエントリーのシステムに不具合があったのは間違いないので、ヘタすれば申請した履歴すら残っていない可能性が高い。

そうなるとそもそも「処理されていない」事実すら業者側では把握できていないので、申請したけど梨のつぶてな人はその辺りを疑ったほうが良いかも。

FUJIFILM X-T4 / XF16-80mmF4 R OIS WR / Classic Nega.

今朝はまだ日が昇る前から庭でガビチョウが盛大に鳴いていて、それはまあうるさいのなんのって。さらにそれに反応してネコも窓辺で大騒ぎの二重騒音だったw

近年はこうして時々庭にまでやって来るようになり、ガビチョウももはや赤城高原の生態系にガッチリ入り込んでいる感じで、篭脱けだねなどと言っている状況ではなくなっているな。

カテゴリ:独り言, |タグ:

休まず働け

2020/6/15

アレの新コロナ対応で連続140日間執務にご苦労さまみたいなニュースを見かけたが、定額でも持続化でも必要な人に未だ行き届いていない中抜き給付金問題に日々呆れそして怒る国民が、ろくに仕事で結果も出せていない無能大臣をねぎらう言葉など持っていようか。

専門家会議には冒頭の数分程度写真撮影のためだけに顔出し。国会では野党議員の追求に意味不明のしどろもどろで対応。記者会見で国民に自身の声を届けることもなくひたすら官邸に籠もり続け、夕方になればさっさと隣の公邸に帰るだけ。

そして土日に公務と言っても小一時間程度官邸に顔を出すだけなのは、首相動静を見ていれば誰にでもわかることだ。

何より電通疑獄とも揶揄される疑惑だらけの国会を早々に閉じてしまって、秋まで事実上の長期休暇ではないか。国民全員に給付金が届くまで、お前らが休んで良い理由などどこにもないぞ。

さらに自民党所属議員にはボーナスや歳費とは別に200万円もの現ナマが即刻口座に振り込まれたと聞けば、待てど暮らせど1ヶ月以上も10万円すら振り込みされない国民からみれば、何をふざけんなって話で感情の逆なでもいいところだ。

何れ取っても今詰めて仕事に明け暮れている風はない。そんなアレに「少し休んで欲しい」などとほざく取り巻き一派と、それを媚びを売るように報道するマスゴミにも辟易だぞ。

いいか、政治は結果が全てだ。一生懸命やってます感や言葉の自画自賛も賛美も無用。リゲイン飲んで24時間戦え。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-20

近くの木の洞を巣にしているコムクドリ。夫婦でひっきりなしにそれこそ休みなく餌を運んでいる。

樹冠から降るようにエゾハルゼミが賑やかな林内だが、親鳥が巣に入ると雛たちの声も負けじと騒がしくなる。コムクドリはムクドリの仲間だけあって成鳥も良く鳴くが、雛の声もなかなか賑やかなものだ。

カテゴリ:独り言, |タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。