カテゴリ : 独り言

photrest banner

世紀の愚策と言われた当時のバカソーリのコロナ対策であったアレノマスクが、今また話題に上がっている。

東京スカイツリーが建つほどの莫大な国家予算が投じられたにもかかわらず、感染対策には1mmも役に立たない布マスクだった上に、虫まみれで不衛生な粗悪品で、しかも世の中に十分市販品が出回ってから国民の手元に届くというバカ丸出しの愚策だった。

少なくても我が生活圏でアレノマスクをしている人などただの一回も見たことないし、当時見かけるとすればニュースに流れてくるバカソーリの映像に映るその当人と、その取り巻き腰巾着だけだったぞw

何でまたその愚策が蒸し返されているのかと言えば、この選挙期間中にもかかわらず空気を読まない会計検査院がその無駄遣いを報告したからである。

未だに配られる当てのない大量の在庫が100億以上も残っていて、しかもその保管のためにすでに6億も税金が使われていて、廃棄しない限りこれからも保管料が毎月ウン千万も掛かるというから呆れて物が言えない。

五輪の余りであった感染対策に有効な不織布マスクと消毒液は早々に廃棄してしまったくせに、バカのメンツを保つために使う当てのない布マスクには税金を投入して保管するというのだから、馬鹿も休み休み言えって話だ。

FUJIFILM GFX100S / GF23mm F4 R LM WR / Velvia

ここ数日はまたシカのラッティングコールがよく聞こえてくる。

近所の朝採りシーズンが一段落して、畑とその周辺に人の姿が少なくなったので、シカたちが耕作地近辺に留まっているようだ。

カテゴリ:独り言

今年も民間調査による都道府県の魅力度ランキングなるものが発表され、我が県44位、栃木41位、茨城最下位と北関東3県は相変わらずの最下位近辺の安定の定位置であった。

全国と銘打ってはいるものの、アンケートの対象者がわずか3万人少々なので、定量的なデータを元にしているとは言えず、そもそもその3万人の人ですら全都道府県にまんべんなく足を運んで意見しているわけではないので、結局のところ本調査を含む「世間から得る印象」でしかないということになる。

そんな調査結果でもそれに一喜一憂する人たちいるので、今後もこの手のネタ調査は続くだろうとは思うが、こともあろうにそのネタに我が県の知事が訴えてやると吠えて、政治家として器量の小さいところ見せつけているのは何とも情けない限り。

埼玉や茨城のようにそれ自体をネタにするくらいの懐の深さを見せてこそ、行政のトップに立つ器だと思うが、若い頃にテレビに出てキャンキャン吠えていた時の印象そのままなのは残念でしかたないぞ。

仮に天地がひっくり返って下手にランキング上位にでもなって、そこかしこに観光客に溢れかえられても迷惑千万なので、個人的にはちょうど良いと思っている。現状でも休日は人出が多いと感じているくらいなのでね。

Canon New F-1 / New FD50mm F1.4 / FUJICOLOR100

十代から二十代にかけて、単車にキャンプ道具を積んで全国をツーリングして回っていたことがある。写真は二十歳の頃に乗っていたヤマハSRXと若かりし頃の著者遠影。まあ今となっては別人だなw

当時九州まで出掛けて、薩摩半島南端の指宿で市全域で野天が出来ないこと知って思案していたところ、外湯の管理者から屋根裏部屋..と言っても物置だったが..を使って良い言われ、事なきを得たことがある。

その親父が単車のナンバーを見て、群馬ってどこだ?東北のほうかと言われたのをよく憶えている。まあ当時でさえ南東北と言っても良いかもとは思っていたが、まがりなりにも関東の1県を知らないってそんなことあんのかとその時は思ったものだ。

中曽根(当時の総理大臣)の出身地だと言ったら難得したようだが、その後は中曽根なんかろくなもんじゃねぇ的な話にこじれていったのもよく憶えているw

ちなみに酒を振る舞われ会話はなんとか成立したが、その薩摩言葉のほとんどが何を言っているのかよく分からず、適当に相づちを打つ異邦人と化していたのは内緒だw

カテゴリ:独り言

言葉の綾

2021/9/26

デジタルカメラで撮影したものは写真か画像かみたいな論争があるらしい。

言葉の綾なので個人的にはどっちでも良いと思うが、職種柄強いて言えば画像はデータで写真はプリントなどの結果..印刷媒体以外にもWebページも含む..を指すかな。

フィルムカメラの時代、特にPCが一般的でなかった時代はまさに写真でしかなかったが、あらゆるものがデジタルデータとして記憶媒体に保存されるようになって以降、デジカメやスキャナで取り込まれる写真データを画像..この言葉自体は普遍的な言葉だが..と呼ぶようになった感がある。

まあこだわる人の属性の問題であって、写真であっても画像であってもデジタルの時代においては本質は何も変わらないが、言葉にこだわる人たちがいるのも確か。

でもまあ画像を写真と呼んだからと言って急に作品が高尚なものに変質することもないわけで、やっぱり言葉遊びの世界に過ぎないだろうなとは思う。

FUJIFILM GFX100S / GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR / ETERNA BLEACH BYPASS

数日前に満月だったが、赤城高原では雲が多くて起きている時間帯には観られなかった。

この後は徐々に下弦の月に向かうことになるが、昨晩は何やら地上波でその話題で持ちきりだったようで。観てないけどねw

カテゴリ:気象・天体, 独り言|タグ:

何やらワクチンパスポートなるゴミアプリをまたぞろ何十億も掛けて作るっぽいな。

40億近く掛けて作ったと言われている五輪アプリはどうなった?たった2週間のイベント用にウン十億ってどんだけ無駄なん?

しかもワクチンパスポートを利用するにはマイナンバーカードが必要って、どんだけ現政府のやろうとしてるマイナンバーカードに対する嫌悪感が強いかまったく分かってないね。本当は普及させたくないんじゃねぇの?

こういうのってすべからく仕組みの話なので、利用者がアプリをインストールしてそれで済む話ではなく、接種証明が本物であること確認する仕掛けも必要になるので、むしろそっちを普及させるほうが大変だぞ。

そもそもだ。ビジネスで海外と行き来するのでなければ、接種済みのワクチン接種券見せれば済む話じゃん。

どうせワニは次の内閣改造でクビになるんだから、お前が余計な無駄に税金使うなって話。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

先週、県境の稜線に上がった際、高空を南方向へ飛び去るハチクマを何個体か見かけた。ハチKの渡りのピークはもう過ぎているが、遅れてやって来る個体もまだ少しいるようだ。

これからはサシバがメインで、ノスリがそれに続いて多くなる。

カテゴリ:独り言, 猛禽|タグ:,

何かと評判の悪いマイナンバー。推し進めようとしてい連中の下心が見え見えなのでっていうのもあるが、自分に生涯背番号が振られることへの嫌悪感から拒否反応する人が多いというのはある。

国への妙な隷属感というか、まあその辺りの負の心理的な面は否めないが、そうは言っても管理する上で個別のIDが必要であるのは確か。

そもそも普段意識していないので気が付かないのだろうが、実は我々には他の誰とも被ることの無いユニークな値があちこちすでに付番されているのである。

個人を証明する際に使用される例えば運転免許証とか健康保険証、それにパスポートなら世界共通で個人証明の手段となり、その何れにも本人を特定するためのユニークなIDが基本となっているのである。

要の地方自治体が管理する住民基本台帳にもしっかり個人の番号が付番されているので、今更マイナンバーだけ否定しても意味はない。

この件で問題なのは最初に書いた推進する側の下心で、これにかこつけて個人の全資産を把握しようとする財務省の暗躍だろう。税金の納付と給付金の直接交付だけなら代表口座だけで済むのに、全銀行口座の紐付けの義務化など理解が得られるわけがない。

国民に対し便利なサービスを提供するだけ、というそこ一点に絞って普及させていくべきだろう。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

すでに健康保険証と運転免許証のマイナンバー対応は既定路線であり、今話題のワクチンパスポートのような証明書類の類も時間の問題だろう。

ただ気になるのはやはりこの国のIT行政の程度の低さからくるセキュリティの不安だな。何より専門知識やITへの知見のかけらもないバカを大臣や事務方トップに据えるのはアウトだぞ。

カテゴリ:独り言

尾瀬ガイド協会の公式Twitterアカウントのやらかしに関して、その後に協会側から正式な謝罪文が出されたが、これが素晴らしく誠実な内容であった。

よく政治家やら企業人やらが同じようにやらかした後に「そういう意味ではなかった」とか「誤解が招く発言だった」など、お前ら受け取り側の問題であって自分たちは悪くない、という雰囲気を醸し出そうとしているのが見え見えで不快極まりないことが多い。

今回の協会の謝罪文には1ミリもそのような気配は感じられず、原因を究明して責任の所在を明示、再発防止策もしっかり併記しているのは、あらゆる類似案件で規範とすべきものだと感じられた。

「責任を感じている」「責任を痛感している」「責任は私にある」と言葉ではしおらしく言うが、感じているだけで決して責任を取ろうとしないバカが長らく国のトップに居座っていたせいか、人の上に立つ立場の人間の言葉が無責任で軽薄過ぎる昨今にあって、今回の尾瀬ガイド協会の危機管理は良い仕事をしてるなって思わせるものだった。

今回炎上して直後の初期消火には失敗したが、その後の後始末の手際の良さは評価できる一件だったな。

FUJIFILM GFX100S / GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR / PROVIA

長雨の影響で野菜の市場価格が上がって、さぞ農家はホクホクだろうと思いがちだが、その肝心の野菜の生育もお天道様頼みなので、売りたくても売り物が無いというジレンマのようである。

例年ならまだまだ残暑の時期なので、今から苗を植えても一ヶ月もすれば高原野菜の出荷も見通せるが、こう長雨続きで気温も上がらないと、その読みも当てにならない。

カテゴリ:独り言

2代続けてまたまた都合が悪くなって途中で仕事を投げ出す無能ソーリ爆誕だ。

まあ誰が見ても「コロナ対策に専念する」からではなく、「コロナ対策が失敗していることに起因する世の中の空気が読めずに総裁選を強行しようとして身内に足元をすくわれた」ってところだな。

人を恫喝して言うことを聞かせようとするなどおよそ人の上に立つ器ではなかったということで、仲間もおらず自業自得ここに極まれりって話だ。

それにしても、平時ならともかく何をおいてもコロナ対策を優先すべき緊急事態の最中にあるのに、身内の中で権力闘争をおっ始めるとは、自民党とは何ともふざけた輩が集まった集団だな。

70年代80年代の自民党にはもう少し骨のある政治家がいたが、老害モリ以降ろくなのが出てこない。今名前が上がっている連中から選ぶ総裁選など茶番でしかなく、片腹痛いわって感じ。

FUJIFILM GFX100S / GF23mm F4 R LM WR / CLASSIC CHROME

再び秋雨前線が本州付近に掛かっているため、しばらく雨模様の日々が続く。

お天道様が顔を見せてくれないので、朝晩は涼しいという状況を通り越して、9月入ったばかりだと言うのに日中でも長袖長ズボンでないと肌寒くてしかたない。寝る時も毛布がないと寝られないし。

夜はコタツが欲しいとつぶやいたら「先月片付けたばかりだ」と家人に一蹴される始末だw

カテゴリ:小動物, 独り言

大臣が電通上がりの恫喝野郎ってことで話題のデジタル庁が発足した。

前任だったかその前だったか、「ITについて何一つ知見も技術もない、そしてPCすら自分でろくに使いこなせもしない」と大見えきっていた老害ハンコジジィが大臣だったこともあって、何かとその役立たずぶりが話題の日本のIT行政。天才オードリー・タン率いる隣国台湾のIT事情とは比べるべくもないのは嘆かわしい。

どうせ恫喝ワニ野郎は衆院選後の内閣改造でお役御免になるだろうからもうどうも良いが、業界的に注目されていたのは事務方トップの人事で、一時は過去の経歴から袋叩きの餌食になりそうな人物の名が上がっていたが、ネット世論の動きを読んだか、最終的にそれとは別の人事となった。

最初のデジタル監には、他省庁から横滑りではなく、民間から経営戦略を専門とする石倉洋子氏(一橋大名誉教授)を充ててきた。

石倉氏は御年なんと71歳。71と言えば我らが無能ソーリと同い年であり、えー?そんな年寄りにIT担当が務まんの?と思うわけで、早速会見後のニュースの見出しに「デジタルの専門家でもエンジニアでもない、デジタルの知識がすごくあるわけでもない」と書かれる始末。

やっぱりねーと思いつつ、念のため会見の全文を呼んだみたら、意外にもこれが印象が180度変わってしまった。独自ドメインの自サイトでブログを毎日更新し、FacebookとTwitter、それにInstagramもしっかり使いこなしている模様。しかも以前にプログラミングにも興味を持ってPythonの勉強もしていたとか。

Twitterアカウントの開設なんて10年以上前からで、しかも一度も炎上していないというネットリテラシーの上級者ときたもんで、こりゃこの経歴だけなら逆にその辺のプログラマー崩れより遥かに上位だな。

年齢で能力を推し量る場合は技術面よりは経験的知見の多さのようなものを求めることになるので、今回の人事は意外にまともだった可能性がある。今の段階では石倉氏の思想信条まではわからないが、極端に左右に寄ってなければ良しとし、まずはお手並み拝見と言ったところだろう。

デジタル庁を回していく実働部隊は民間企業からの出向組がほとんどなので、まずはその辺りを掌握し上手く御せるかがカギだな。


と、意外にイケるかと思ったのもつかの間、そのご自慢のサイトでよもやの違法行為..ネットで拾った画像の無断使用..が発覚するというネットリテラシーの上級者どころかトウシロもいいとこで、あぁやっぱりその程度かこの婆さんもって状態 ← 今ここ

まさかデジタル庁の事務方トップが著作権を知らなかったとは言わんよなw

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

ギッという不意の一声に頭上を見上げると、コゲラが暁をシルエットに佇んでいた。

カテゴリ:独り言|タグ:

締め月

2021/9/1

9月は暦の上では秋の始まりということになり、この後はもう冬を連想させる季節となるが、ビジネス的には上半期の最終月、つまり締め月ということになる。

今月でタイミングよく終了するジョブがあれば、来月から新たに始まる案件もあるので、締めとは言っても切れ目を感じることは少ないが、零細フリーランサーにとっては支払いを見込めるタイミングでもあるので、その点では締めというのはある。

大抵は単月で終わるものが多い..末締めで翌月または翌々月払いだ..が、期間が複数月を跨いでいるといつそれが金になるかというのを常に計算していないと、仕事仲間への支払いの関係もあるので、いつでも良いですよなどと昔の感覚では危うい。

まあこの辺りはうちの場合はどこも付き合いが長いのでツーカーなのだが、時々新規の案件が割り込んでくることもあるので、近年は事前に支払いスケジュールを決めてから..本来はそれが普通なんだけどね..という段取りを取るようにしている。

そうでないとお互い不幸になることも無きにしもあらずなんでね。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

多くのサクラの仲間は色付きが早いのだが、さすがにこの時期にここまで鮮やかなのは珍しいかな。

やはり長雨の影響ってことになるのだろうか。

カテゴリ:季節感, 独り言|タグ:

ここ数日、やけにDrupalについて聞かれるなと思っていたら、デジタル庁発足に関連して政府系統一サイトを制作するに当たり、基盤システムにDrupalを採用することになったらしい。

DrupalはWordPress(以下WP)と同じコンテンツ管理システムで、いわゆるCMSってヤツだ。世に出てきたのはWPより若干早いが、ぶっちゃけLAMPのオープンソースである点ではどちらも同じと言って良い。

市場シェアに関してはこれはもう勝負になっておらず、WPが60%以上なのに対しDrupalは3%もないだろう。ってか周囲にDrupalの技術者はゼロであるし。

オープンソースのCMSでWordPress全盛のこの時代にDrupalを使おうってことは、ほぼほぼ業者がすでに決まっている出来レースな入札だったろうなと思うが、ちょっと調べたら「嗚呼なるほどね」って感想しかないw

業界的にはエンタープライズ系のWebシステムでDrupal推しが多いのは知っているが、技術的にもセキュリティ面でもWPとそう大差ないので、Drupalを推し進めるって時点で「君、WPの技術者?ふーん、僕はDrupalさ、エッヘン!」みたいな会話が成立しそうな集まりが容易に想像できるw

それにしてもこの時期に業者を選定しておいて、これからデザインや制作ルール、システムの要件定義を決め、今後の政府系Webシステムの基幹となる基盤づくりを始めるという話からして、随分と悠長なこと言ってんなぁっていうのが正直な感想。

まあこの時点ですでに、税金7000万円掛けてとりあえず各省庁の現行サイトへのポータルページ..YAHOO ! JAPANみたいなアレね..ができるだけ、と言っているとしか聞こえないぞ。

それならホームページ・ビルダーでHTMLページを1ページ作るだけで..おっと誰か来たようだw

FUJIFILM GFX100S / GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR / PROVIA

前線が少し上がって寒気が入ってきているので、昨日辺りからかなり涼しくなってきた。というかこれくらいが盆明け本来の季節感ではあるけど。

日中晴れればまだミンミンゼミがそこかしこで鳴き交わしているが、これは閉店前の大売り出しセールなので、在庫ももうわずかだろうね。

カテゴリ:独り言|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。