タグ : キジ

portfolio

背筋ピーン

2024/3/19
カテゴリ:独り言, |タグ:

キジの雛は孵化してすぐに自力で歩き回り、餌も親から給餌されることはなく自力で確保できる。なので雌が雛たちを連れて歩いて見守ることをするが、その点で雄はナワバリの防衛行動以外は子育ては基本的に我関せずである。

この日も時折ケーンケーンと鳴いて自分のナワバリの監視に余念がなった。この子育て期間を過ぎると、こうしてオープンな場所に姿を表す機会も少なくなる。

OM SYSTEM OM-1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-20

そう言えば、キジは日本の国鳥として知られているが、その理由の一つに「食って美味いから」というのがあるのを最近知った。

日本固有種というのも大きな理由らしいが、古くは古事記や日本書紀、昔話の桃太郎に登場するなど日本人に馴染みが深いというのもあるそう。

しかし食って上手いというのはついぞ知らなかったな。

カテゴリ:|タグ:

キジの雄は派手な色合いからしていかにも目立ちそうに思うかもしれないが、それは偶然見つけられたからそう思い込んでいるだけであって、緑深き野においては保護色と言って良いほど案外目立たないものである。

そもそも「雉も鳴かずば撃たれまい」の言葉通り、ケーン・ケーンという鳴き声とともに派手に母衣打ちをするからその存在が分かるのであって、枯野にでもいなければ見つけ出すのは至難の業である。

ということで、OM-1の被写体認識を持ってすれば、その枯野にうずくまるキジのおとっつぁんなら格好の対象だ。

OM SYSTEM OM-1 / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

ではキジの雌のほうはどうか。こちらはもう完璧に保護色であって、近くの雄を見つけるか動いてでもいなければ、なかなかその存在を見つけるのは難しい。

雄とは逆に緑の野ではいかにも目立ちそうなのだが、その頃は子育てモードでステルス行動となって、雛が孵化して一緒に歩き回るようにならないとその姿を見ることはほとんどない。

ちなみにOM-1はそのキジの奥様方が枯野にあってもちゃんと被写体認識をして、しっかり目にバチピンであった。

カテゴリ:写真・カメラ, |タグ:,

政治の素人が政治を語るなって、それ言ったお前らにそのままブーメランな。

環境省のセクシー担当大臣は検察庁法改正案について記者から意見を求められたら、「回答は差し控えたい」と言ったそうだ。大体コイツはいつもこんな感じでのらりくらりで、言っていることの大半は意味のないポエムばかり。政治家のくせに政治について語れないなら大臣も政治家もヤメレ。

新コロナ対応で無能無策を露呈している厚生労働大臣のカトーなんて、新型コロナが蔓延しているクルーズ船に「防護服は必要ない」と言って、職員・関係者をノーガードでカミカゼ突入させた防疫のド素人もいいところだ。

さらにお馴染みのIT担当大臣..こいつは名前忘れたw..に至っては、ITについて何一つ知見も技術もない、そしてPCすら自分でろくに使いこなせもしない..と本人が会見で大見えきっていたしな..ただのハンコ屋親父がやってるじゃねぇか。そんな無能はイラネ。

そしてトドメは「私は立法府の長である」と国会で堂々と啖呵を切ったアレだな。オメェは行政の長だろう!三権分立の大原則も知らない素人政治家が、ヌケヌケと内閣総理大臣を8年もやっている..逆に言うと誰でも務まる職とも言えるがw..時点でこの国は終わりだな。

今回の火事場泥棒法案について、元検事総長や検察OB、それに現職の司法関係者からも明確に反対する声が多数上がっている時点で、世の中の多方面からの意見が決して政治の素人の拙速な意見ではないことが分かるはずだ。

過去には証拠を捏造した検察官などもいて、検察そのものの有り様に疑義が挟まれることもあるのは事実だが、先日法務省に提出された元検事総長や検察OBの反対意見書を全文読むかぎり、いかにアレ政権と与党が常軌を逸した政権運営をしているか、これからしようとしているがよく分かるぞ。

お前ら、これ以上踏み出せば一線を越えることになるが、その覚悟は出来ているのか?

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

越えそうで越えない一線、というわけでもないだろうが、いつもこの電柵に沿って見掛けるキジのお父つぁん。

ドラミングが聞こえてきたの近づくと、やはり今日もこの畦で見張り中。

カテゴリ:独り言, |タグ:

セクシーという言葉が国際会議の場における政治家としてふさわしくないというのもあるが、そもそも彼は何を言っているのか、何を言いたいのか分からないのである。

若手で発信力があるとか言われているが、意味不明な言葉で煙に巻く..国のトップからしてアレだからなぁ..ことがメディア受けしているだけで、当の本人に政治家としての信念が見られない。

地球温暖化対策の方策を問われ、まだ「大臣になってから日が浅い」ことを言い訳にしてその結果が例の発言なのだが、国際会議に国の代表として出席しておいてそんな甘事が通用するわけがない。

そもそも日本は温室効果ガスの削減に対して無策であることを内外から批判されている。そんな当事者の代表がセクシーにとか楽しくとか、一体どの口がそんな発言を許しているのかという話だ。

環境大臣は日本では誰がやっても同じ的なポストとして扱われ、今も昔も選挙の論功行賞にあてがわれているフシがあるが、これからの環境行政は経済活動と直結..表裏一体と言っても良い..して国の未来をも左右する大事な役割を担うべきものである。

結局人も環境に生かされている生きものなのだから、まずは自分たちの住む環境ありきで物事を考えるところにきている。環境保護と経済活動はバランスを取ってこそ地球の未来は約束されるのだ。

件の「大臣になってから日が浅い」若手政治家にはその辺りをしっかり肝に銘じて、あれやこれや四の五の言い訳せず、本来求められているその職務に邁進してもらいたい。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

早朝のウド畑の隅で彫像のように動かないキジのおとっつぁんを発見。普段なら警戒する時は地面に伏せるので、この時は何を考えていたのか不明だ。

何を考えているのか不明であっても、決してこのウド畑の環境はセクシーだなどとは言わずw、キャハンキャハンと二声だけ鳴いて姿を消した。

カテゴリ:, 鳥獣・環境問題|タグ:

その日暮らし

2019/6/11

春先から出張を理由に先送りにしてきた幾多の案件から、いよいよ逃げられなくなってきたようだ。何となく四方から退路を絶たれつつあり、多忙モードに突入させられそうな気配が濃厚となっている。

95歳までの試算で老後の資金が2000万必要だの何だの、年金詐欺ではないかと世間が騒がしいが、そもそも自営業である時点で年金など当てにしてないので、自他ともに認めるワーカホリックな身分としては、忙しいぐらいがちょうど良いというのは否定しない。

木っ端役人に言われるまでもなく、そう遠くない老後の生活に向けて、イージス・アショアの如き自己防衛..おっとこれも時事ネタだなw..を推し進めねばなるまいぞ。

FUJIFILM X-T3 / XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS / PROVIA

野から狩猟採集して生活している割に、一夫多妻制なハーレムを築いているキジのおとっつぁん。貯金も投資もどこ吹く風で、今日もひたすらその日暮らし。

おっと、そういやぁ野生の生きものってぇのは、すべからくその日暮らしだったっけかねぇ..

カテゴリ:独り言, |タグ:

キジ鳴き

2018/12/21

ここ数日、キジのおとっつぁんがよく鳴いている。ケーン、ケーンという例の繁殖期の鳴き声ではなく、カハンともキャハンとも聞こえる甲高いかすれ声である。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

パッと見、周囲に別の雄や雌たちがいるようには見えず、ドラミングもしないので繁殖行動に準ずるものではないのだろうが、この時期のこの騒ぎは何なんだろうか。

カテゴリ:|タグ:

シンクロ

2018/7/7

七夕のこの日、2台のトラクターがその出会いに歓喜するシーンに遭遇。蒟蒻芋を植えるトラクターと、薬を撒くトラクターが妙にシンクロしているように見えたのでパシャ。

FUJIFILM X-H1 / XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / PROVIA

FUJIFILM X-H1 / XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR / PROVIA

撮っているときは気が付かなかったが、こっちではキジの夫婦もシンクロしていたw

カテゴリ:独り言, |タグ: