photrest banner

子供たちが不憫でならん。

プロ野球は始まったのに、高校野球は中止。GoToトラベルは強硬するのに、修学旅行は中止。

そのGoToキャンペーンなどという世紀の愚策に1.7兆円で、その中抜き業者には3000億。国民の誰も使わないアレノマスクに260億円で、その不良品検品作業に追加で8億円。

使い物にならずに中止になったがすでに200億円も無駄金を払ったイージス・アショアに、この国難の最中に欠陥だらけのF35が100機で2兆5千億円が空気も読まずに決定。

クールジャパンを口実に大阪の民間興行会社に100億円、歌って踊るアイドルグループに合わせて500億円。

その他モリカケのソーリお友達案件に176億円、トドメは手が後ろに回った夫婦議員のたった二人に1.5億円。

にもかかわらず、新コロナの影響で来年の新卒採用は氷河期に突入という一大事に、その就職支援はスズメの涙のたった「2億円」だと。

国の防衛は別だ!という論調があるのは知っているが、それにしたって予算配分が著しく偏っているのは誰が見ても明らかだろ?

アレやソレにこんなに気前よく使ったり払ったりしているのに、国の未来を背負って立つ若者への国の仕打ちがこんなものとは、もはや亡国へまっしぐらではないのか?

FUJIFILM X-T4 / XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / CLASSIC CHROME

近所のレタス畑は収穫が概ね一巡し、新しい作付けが始まっているところもあるが、とにかく雨が多すぎてどの家も作業のタイミングに苦労しているようだ。

昔の梅雨はシトシト降る日が続くが中休みもそれなりにあったが、近年は畑が乾く間がないので、トラクター以外の車輌や農機具をなかなか畑に入れらないらしい。それに雨の勢いが強く、うっかりすると作付けしても流されてしまうこともあるとのこと。

地球温暖化の影響と言えばそれまでだが、今も昔も農家は仕事を天候に左右される最たる商売だな。

カテゴリ:季節感, 独り言|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。