photrest banner

先月、新宿へ仕事で出た際、ペンタックスフォーラムのギャラリーで尾瀬の写真展をやっているのを横目で見つつ、時間が取れなかったので立ち寄ることは出来なかったが、その写真展のサブタイトルに「太古からの..」という表現があったのが少々気になっていた。

太古という表現には諸説あって、単純に有史以前を指す場合や、恐竜が闊歩していたような古生代を指す場合がある。約45億年という途方もなく長い地球の歴史を考えた時、縄文時代などつい最近の話であるため、個人的に太古というのは後者のイメージが強いのである。

で当の尾瀬の話だが、東から尾瀬沼〜燧ヶ岳〜尾瀬ヶ原〜至仏山という現在の景観で考えた場合、例えば、蛇紋岩で形成された至仏山は約2億年前にできたかなり古い山であるのに対し、燧ヶ岳が現在の形になった噴火は約2万年前のことである。

尾瀬沼はその燧ヶ岳の噴火でせき止められた沼尻川によって生まれており、いわゆる尾瀬ヶ原が現在の高層湿原となったのはさらにその後の話で、約8千年前と以外と最近の話なのである。

なので私見ではあるが、言葉の上で尾瀬のすべてを太古と表現するのにはやや違和感があるのである。

尾瀬ヶ原

Canon EOS 5D MarkII / EF24-105mm F4L IS USM / 晩秋の尾瀬ヶ原

これは余談だが、何年か前に友人を案内して尾瀬を歩いた時のこと。

尾瀬の木道をハイカー..賑やかな大阪のオバちゃんの一群だった..を引き連れ歩いていた若いガイドが、湿原を指差して「湿原はとても脆弱です。何万年もかけてこの状態になったので決して足を踏み入れてはいけない。回復するのにまた何万年も掛かってしまいます。」といった内容のことを訳知り顔で説明していたのを横で聞いてしまって..

尾瀬の貴重な自然を大切にしようというメッセージとしては良いのだが、ちょっと事実関係に間違いがあるので、いやいやそれはちゃうで!ってどれだけ突っ込みたかったことかw

カテゴリ:景勝地|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2019/12/8
スマホで十分
週末は所属するグループの集まりに参加のためお江戸へ。仕事も含め今年はこれが最後の上京かな。 iPho ...…
2019/12/7
自然再生エネの置かれた現状
今月2日からスペインのマドリードでCOP25(第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議)が開催されて ...…
2019/12/6
基本的に冬鳥だけど..
ジョウビタキたちの縄張り争いも落ち着いたようで、林縁での小競り合いを見掛けることもなくなり、鳴き声も ...…
2019/12/5
時々樹冠
森の中を歩く時は大体目線からそれより低いところ、道の両脇とか足元付近を見ていることが多い。 山道は不 ...…
2019/12/4
ノスタルジーこそ攻めどころ
ソニーがウォークマンの40周年記念モデルをスペシャルパッケージとして予約販売しているが、これが注文か ...…
2019/12/3
シン?さあば
今年の流行語大賞はてっきり「桜を見る会」かと思っていたが、忖度の結果なのかノミネートすらされていなか ...…
2019/12/2
街中の赤いヤツ
午後遅く、クライアントとの打ち合わせを終えて駐車場に戻ると、すぐ目の前を波状飛行で横切る鳥影あり。 ...…
2019/12/1
最後の色づきか
先週末に積雪となった県北の山間地はすでに初冬の装いであるが、県南の平野部では秋が遅かった分探せばまだ ...…
2019/11/30
積雪
気温がグッと冷え込めば当然のように雪模様となる。 寒いので温泉でも入るかと、南郷のしゃくなげの湯の露 ...…
2019/11/29
赤く白く
今朝は氷点下4℃と今シーズン一番の冷え込みとなった。 ちょっと雪雲が掛かっていたが、上越国境も今シー ...…
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。