photrest banner

以前ほど注目されなくなったとは言えそこはやはりApple、先日のガジェット系ニュースは挙ってiPhone 13を取り上げていた。

そのウラ?でひっそりと発表されていたのがキヤノンのEOS R3。わざわざAppleの新製品発表と同じ日に当てなくてもと思わなくもないが、案の定ほとんど話題はiPhone 13に食われてしまい、一部カメクラ向けニュースでひっそりと取り上げられていた程度だ。

普通に考えて80万もする業務用カテゴリのカメラなので一般消費者には関係ないのだが、フラッグシップ機というのはそのメーカーのオピニオンリーダーでもあるので、少なくてもカメクラ界隈では話題になるように仕向ける必要はあろう。

さてその件のR3だが、最後まではっきりしなかった画素数が約2400万画素となったことで、現行のEOS-1DXの後継機という位置付けがはっきりしたと言える。前述したとおりスポーツ報道向けの業務機..プロ用とも言うが..ということだ。

20年前の拙者なら絶対手に入れていると断言できる性能と意匠だが、もはやR3の性能を必要とする世界に身を置いてないので、手にする可能性は限りなくゼロであるが、仮に今からレンズ交換式のミラーレスカメラを手に入れるのであれば、キヤノンに戻りなおかつR3を手に入れているかもね。

そう、心をくすぐるのはR5よりR3。キヤノンはやはりこうでなくては、R3はそう思わせるプロダクツだ。

ただ、このR3を財布はたいて手に入れて悦に浸っていると、じきにグルーバルシャッター搭載のR1が発表されて足元をすくわれるのが某C社ユーザーの虚しい現実だったりする。しかもR3が80万なら間違いなくR1は100万オーバーコースなので、さらに懐に悲しい現実を突きつけられるのである。

ああ、何ともいと哀れな某C社ユーザーたちよw

FUJIFILM GFX100S / GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR / CLASSIC CHROME

そう考えるとフルサイズ機にこだわるならやはりパナのSシリーズが現実的だな。

R3ほどの飛び道具は出ないにしても、今後も動画性能ではトップクラスにこだわって来るであろうし、何よりコンシューマ向けのマーケティングでパナに80万・100万などという値付けの製品は出せないから懐にやさしいw

カテゴリ:写真・カメラ|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。