photrest banner

多分この夏最後の高山チャレンジ。と言っても先日ほどの標高はないエリアだが、それでもアプローチは登山そのもの。

こういうシチュエーションはその移動だけで予定時間の半分を消費してしまって労力に見合うだけの成果を得るのは難しいのだが、冬場にここまで上がってくるだけの技術も経験もないので、それこそ今だけって感じだな。

まあそういうことをしなくても済むように、麓から遠距離で観察できる機材を用意しているのだけども、出来るなら双眼鏡でも追えるぐらいの距離感っていうのに憧れるのである。

ちなみに先に観察時間が短いと書いたが、求める結果自体は一つだけなので、実はすぐに結論が出てしまうラッキーなことも極稀にあったりする。

だからこそそれが汗を掻く苦労のモチベーションになるというわけだ。

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO

がしかし、世は無常なり。この日もやや湿り気味の雲は低く、稜線部は雲の中。

しかも前回とは異なり、自分自身が時々雲の中というシチュエーションであったため、双眼鏡どころか目視でも何も見えない時間帯が多々あり。

一応天狗様はチラッと観はしたのだが、どっちとも受け取れる結果となって、結局はこの秋の麓から観察次第ってところに落ち着くことに。

カテゴリ:猛禽
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。