タグ : ヒルガオ

portfolio

アスリートたちの活躍で金メダルの獲得数に脳天気な国民は日々一喜一憂しているが、それをはるかに凌駕する勢いで新コロナの感染者数が増加している。

県を跨いだ移動は自粛して控えろと国も自治体も言うが、そりゃどう考えても無理だろう。なんたって世界中の200を超える国々から様々な人々が大挙してやって来ているんだからな。

昨日は全国で一気に9000人を数えるに至り、関係者やマスゴミは大騒ぎだが、それでも無能政府は「五輪が感染を広げているわけではない」と未だに強弁する有り様。

発症までに最大2週間のタイムラグがあるので、五輪が始まってまだ1週間経ってない昨日の時点での感染者数は五輪以前のものと判断できようが、そもそもそれ以前からすでに世界中から五輪関係者が入国してきているので、バカでなければ「五輪は関係ない」などと言えるわけもなかろう。

こうなると未だに遅々として進まないワクチン接種が問題だ。絶対的な数が足りてないこともさることながら、接種する順番を完全に誤ったと言っていいだろう。

重症化するという理由で高齢者優先で始めたわけ..個人的には秋の衆院選の票目当てと見ているが..だが、現在世界中で猛威を振るうデルタ株相手では年齢を問わずに若い人でも重症化することが判っているので、今となっては年齢で優先順位を付けても無意味だったということになる。

当初から言われていたように、エッセンシャルワーカーを始めとして、工場や流通それに対面の接客を要するサービス業など労働世代を中心に接種を進めれば、リモートの無理強いや自宅待機などせずに経済を回しつつ感染拡大を抑えることができたはずである。

もうしわけないが現役世代ではない年寄りには家でジッと我慢してもらえば良いのである。何より年寄りのほうが大本営発表など何かとお上の言うことはありがたくよく聞くしね。

今となっては時既に遅しではあるが、公平にとか言って自治体任せにする前に、職域接種を優先すべきだったろうな。そうすれば五輪も多少は人を入れて開催できたろうし。

とにもかくにも、今も昔も兵站に関してまったく無能なのが我が国の情けないところだ。

LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.

今年は地区の草刈りのタイミングが悪かったようで、例年ならそこかしこで見られるヒルガオなど野草の花が少ない。

もちろんまだこれから咲き始めるものもあるとは思うが、そのせいかチョウの数も少ない印象だ。

カテゴリ:独り言, 花・植物|タグ:

ゴーンがgoneした日産だが、いよいよ危険水域に近づきつつあるんかいな。

日産はもともと振るわなかった業績に加え、この新コロナ禍が直撃した財政状況の悪化に歯止めがかからず、政府系の日本政策投資銀行(政投銀)の融資1800億円が決まっている。で、問題はそのうち1300億円分に政府保証がついているのでは?という噂が流れている点だ。

政府は政投銀を通じて新コロナ禍で財政状況が悪化した企業に融資することを打ち出しているが、政府保証を付けた..というあくまで噂?..のは日産だけという話だ。

政府保証はリーマン・ショック後のJALにも適用されたが、結局JALは経営破綻したので国民の税金が充当されている。つまり日産が経営破綻すれば同様に1300億円もの税金が1企業に投入されることになる。

資金繰りが危ないと言われているD通にやたらと中抜き仕事させているのは言語道断だが、日産の場合は膨大な下請け関連企業が大きな影響受けて、結果的に日本経済に悪影響を及ぼす可能性が高い..D通が潰れて困るのは自民党とメディアだけ..ので、その辺りかなり国策入っているとは思う。

ただ、ゴーンを追い出した後釜の経営陣が無能だったことは明らかなので、税金を使ってそいつらの尻拭いなどあり得ない話だ。ちゃんと総括して責任取らせろってことだな。

「やっちゃえ日産」が「やっちゃったか日産」にならなければ良いけどねw

FUJIFILM X-T4 / XF16-80mmF4 R OIS WR / Classic Nega.

そんな日産のCMキャラが矢沢の永ちゃんからキムタクに代わって、オイオイお前この間までカローラ乗ってなかったか?と突っ込んでみたりしている。ドコモでFOMA使っていた織田裕二が、突然IDO(現KDDI)のcdmaOne使いだして驚いたのを思い出したぞw

キムタクの是非はまあともかく、CMに登場する車はどれも懐かしくいい感じだ。まず当人が運転している..実際は走ってないだろうが..のがハコスカことスカイライン2000GT-Rだ。CMのは2ドアのハードトップなので、大阪万博の頃に登場したタイプと思われる。

次が初代サファリ。トヨタランドクルーザーの対向車として海外で売っていたのを国内販売した最初のモデルだ。個人的にはその名の通りアフリカのサファリで世話になったこれの4ドアロングボディ..藤原の大先輩の所有車..に思い入れがある。

そして雨の中疾走しているのがフェアレディ240Zで、当時の人気はトヨタ2000GTと双璧だった。フェアレディの名前の由来は米の映画「マイ・フェア・レディ」だったのはよく知られているが、その逸話通り240ZはダットサンZとして米で人気が高った。

キムタクはこの冬のマクドナルドのCMでも初代テラノに乗っていたので、日産と広告代理店..またD通かw..が一連で仕掛けているとみて間違いないだろうね。

ちなみに以前ニコンがキムタクをCMキャラに採用して「俺のニコン」とやった時は、それこそ「やっちゃったかナイコン」と思ったものだがw、天下のアイドルもさすがに歳を重ねたことで、車のCMではなかなか存在感を示しているなと感心している。

カテゴリ:独り言|タグ:

Terminator

2019/7/23

映画の続編と言えばこの秋公開のターミネーターもある。原題は「Dark Fate」だが邦題は「ニュー・フェイト」。だいぶ意味が異なるように思うが、邦題あるあるなのでまあ良いかw

ターミネーターはシリーズだと今作で6作目になるが、ジェームス・キャメロンが離れた3作目以降はもう何でもありの百花繚乱状態で、アーノルド・シュワルツェネッガーが出ている..4作目はカメオ出演だったけど..こと以外は正統派ファンからはやや距離を置かれていたのはよく知られた話だ。

そういった意味で、脚本にジェームス・キャメロンが復帰..同時製作中のアバターが忙しいようで監督はデッドプールのティム・ミラー..した今作は2作目の正統な続編となる。つまり3〜5作目は無視、無かったことにするらしい。

2作目で溶鉱炉に落ちて溶けたはずのT-800だが、今作でシュワルツネッガー演じるT-800は別の機体という設定で、さすがT-800は量産型といったところだ。

機械なのになんで歳とっているのかという疑問には、そもそもT-800は人間と同じ体皮組織に覆われているので、見た目は人と同じように経年劣化していく..そうでないと人間社会に紛れ込めないので..という当時からの設定がよく効いている。

今作の話題はなんと言っても1作目のヒロイン、サラ・コナーをリンダ・ハミルトンが演じることだろう。ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーのレイア姫のようにCGではなく、約30年後..設定がいつなのかは現時点では不明..の本人役で、そのためにリンダ(62歳!)も2作目同様に役作りをしてきたというから期待できる。

ハリウッドの役者の凄いところはそういった役作りの姿勢であろうか。ギャラが違うと言えばそれまでだが、日本の役者との決定的な違いと言っていいだろう。

オリジナルのターミネーターの世界観は、ジェームス・キャメロン、シュワルツネッガー、リンダ・ハミルトンの3人ですべて体現できると言ってよいが、今作は2作目の続編、つまり「T3」とも呼べるので、T2でジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロング(41歳)が出ていることが最近になって明かされたのは、役者としてあまり良い話を聞かないこともあって、ちょっとしたニュースである。

ストーリーの詳細はまだよく判らないが、2作目でスカイネットの元になったT-800は溶けて無くなったことになっている。が、PV中では新たにT-1000同様の液体金属型ターミネーターが登場しているので、スカイネットは未来に存在していることになり、その辺りの整合性をどう取るのかが鍵となりそうだ。

さて、71歳というシュワちゃんの年齢を考えると、ターミネーターシリーズのT-800の活躍は今作で事実上のターミネートであろう。今後は3〜5作目やエイリアン、プレデターのようにパラレルワールド的に展開していくことになるだろうね。

FUJIFILM X-H1 / XF16mm F1.4 R WR / PROVIA / ヒルガオ

ヒルガオに霧雨が滴り、今朝もまた霧に包まれる赤城高原であった。

あまりの日照時間の少なさに近所の農家は皆悲鳴を上げている。天気予報では明日辺りから晴れると言っているが、農家は誰も信用していないw

立秋なれど

2018/8/7

言葉の上では秋が付くものの、立秋はそれっぽくなり始めた頃合いを指す。なので秋っぽい感じが少しでもあれば、どんなに暑くともそれで良しとせねばなるまい。

今日の赤城高原は終日霧の中。昨晩は割と強く雨が降っていたので窓を締めて寝たのだが、朝起きて窓を開けたらまあ寒いこと寒いこと。最近よく鳴いているガビチョウも今日は静かであった。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / ヒルガオ Velvia(左) / マツヨイグサ PROVIA(右)

農村の路傍の野草はまだまだ夏。

冷たい秋

2017/10/17

みちのくから戻って以降、連日冷たい雨の日々。今頃秋雨前線かよと空を見上げながら悪態をつきつつ、自然の気まぐれには従わざるを得ないのが世の常だ。

さらに地元の秋も進行中。この秋は少し遅いだろうと勝手に予想していたのだが、意外に秋の足が速いようだ。ということで、こんな雨の日は遠征前に撮影した在庫セールを。

FUJIFILM X-T2 / XF35mm F1.4 R (左) / XF16mm F1.4 R WR (左)

台風一過

2017/9/19

台風18号は本州に到達するのにやたら長い時間がかかったが、通り過ぎるのはあっという間で、赤城高原では大して雨も降らずに朝には一過となっていた。

ただ、風はかなり強く吹いていた..寝ている間の話なのでその意識はないが..ようで、村内あちこちに倒木や折れた枝が散乱していた。

FUJIFILM X-T2 / XF35mm F1.4 R

これらの路傍の草花は台風前に撮ったもの。一過の後はすべてゴチャゴチャ混沌状態であった。でも野草のたぐいは強いので、すぐにまた復活するだろう。

ヒルガオにマツヨイグサにツユクサ。何れも農村の路傍を彩る夏草達だ。明け方はめっきり涼しくなって秋の気配漂う赤城高原だが、まだまだ夏草たちの繁茂の夢は終わらない。

FUJIFILM X-T2 / XF16-55mm F2.8 R LM WR