photrest banner

円安ジャパン、ビンボーまっしぐらだな。

30年間の景気低迷から依然として抜け出せず、アホノミクスだかなんだか知らんが所得倍増だの何だのぶち上げておいて、一時的に上がったのは株価だけで、新コロナに続いて円安となった途端にそれも水泡。

そもそも先進国でこの30年間所得が横ばいなのは、そのアホが美しい国wと宣うこのジャパンだけらしいではないか。何だねこのマヌケの国は。

為替レートなんてドルが強いので日本だけでどうこうできる問題ではないが、聞きはするが何もできない、聞いているだけで何もしない昼行灯みたいなのが国のトップなんで、どうにも明るい話がないなこのジャパンは。

国内自給率が高かった時代なら円安は優位な面もあったが、資源を輸入に頼っている上に軒並み生産拠点が海外に移ってしまった現在において、どうにもインバウンド目当てぐらいしかない。

ただそのインバウンドも文字通り流行病ともなれば立ち行かなくなるのはこの3年間が証明しているので、国内自給率を高めて内需拡大を図るという国家として基本的な方向性に戻るべきだろう。

FUJIFILM GFX100S / GF45-100mmF4 R LM OIS WR / CLASSIC CHROME

先だってAppleが新型Macを発表したが、このまま円安が進むともはや気軽にApple製品を買うのも憚られるね。秋に出るであろうiPhone14なんて、最上位モデルは下手すりゃ20万超えるんじゃねぇの。昨年のうちにMacBookをM1Proに更新しておいて良かったよ。今は同じ構成だと5万も高いぞ。

値上げと言えばOMDSもレンズの値上げを告知してたな。定価ベースとは言えZD12-100PROが税込みで20万、ZD300PROに至っては50万を超えてきた。

マイクロフォーサーズでさえ「高い」という印象を持ってしまうのは拙者がビンボーになったからなのか、それともやはりニッポン経済の凋落ぶりを現しているのか。

などなど、消費税を払ってサイフが軽くなったところに住民税の通知が届いて追い打ち爆死中。来月は予定納税、その次は事業税も待っているので、やはり拙者がビンボーなんだろうなw

カテゴリ:独り言|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。