photrest banner

新コロナの影響で売上が半減した中小企業と個人事業者の支援策として、それぞれ最大で200万円と100万円を給付する持続化給付金が始まった。

残念ながら?うちは給付対象ではないのだが、Web系システムの業界人として気になったので一応サイトを覗いてみたところ、意外にお役所臭の少ないサイトで驚いた。

またいつものようにWindowsのIEでなければ動作しないとか言われるのかと思ったが、作りに関しては.NET系ではなく、セールスフォース辺りを使っている風..最初はRailsかと思ったが.である。

サイトデザインも、いつものいかにも国産の電気系ITメーカー臭は漂ってなく、まあ今風に収まっている感じだな。

実際に申し込みができないので導線やユーザーインターフェースについては分からないが、同時期に立ち上がった全国民が10万円もらえる特別定額給付金のポータルサイトは恐ろしく評判が悪いので、あまり期待はできないかもね。

一点気になったのは、政府系が運営するサイトなのにドメインがgo.jpでなくただのjpドメインであること。で、一応「持続化給付金サイト(jizokuka-kyufu.jp)」をWHOISで検索した調べたところ、「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」という、天下り先を彷彿とさせるいかにもな法人がドメインの登録者であった。

当初はjizokuka-kyufu.jp..これも相当に怪しいフィッシングサイトっぽいぞw..を経産省のサイトから辿れない点でちょっと胡散臭い感じを否定できなかったが、これはどうや杞憂に終わり、現在は同省の受付案内ページから正式にリンクされているので本物のようである。というかすでに申請して着金している報告が上がっているけどね。

go.jpドメインを使わない点が気になるが、一時的に開設された時限のサイトなので、まあその辺りに経緯というか理由がありそうだ。

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

どんなに限りなく姿勢を低くしても、見えまっせダンナ。

カテゴリ:独り言|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。