photrest banner

ナイコンからNoctの名を冠したZマウントの58mm F0.95という明るさ番長的な化け物レンズが出たが、そのお値段はひゃくにじゅーろくまん円也。

ニッコールってFマウントの昔からこういうどこの誰が使うのかよく分からないスペックとお値段のレンズを出していたように思う。確か500万位した1200-1700mmズームとか6mm魚眼とか、今ちょっと探し出せていないが昔のニッコールレンズのカタログに受注生産の文字とともに並んでいた。

それ自体で商売を目的としているわけではなく、技術力誇示のためのメモリアル的な製品という位置付けなんだろうけど、それでもNoctのF0.95はすでにバックオーダーを抱えているというから驚きだ。

ただ、着々と進むEOSのRFレンズのラインナップを横目に、ナイコンのZマウントはもっと他に出すべきレンズがあるだろうと思わなくもないが、こういうチグハグさをも許容できるのがニコ爺、もといナイコンファンなんだろうねw

ちなみにフジもXマウントで50mm相当の33mm F1とか開発発表していたが、性能を追求すると巨大になりすぎて現実的でないということで、75mm相当の50mm F1に計画変更してあくまで実用品にこだわったようである。

ま、どのみちどっちも関係ない話なのでネタでしか無いけどw

FUJIFILM X-T3 / XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS / Velvia

先週末の台風でフィールドへのアプローチ林道がことごとく通行止めとなってしまった。無理して入れないこともない林道もあったが、雨で法面が緩んでいる可能性があるので、車での進入ははばかられる。

今週末はまた強めに雨が来るようなので、しばらく谷奥には近づけそうにないな。

カテゴリ:ガジェット
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。