photrest banner

キツネ現る

2016/6/3

今年も雪国の奥山にキツネが現れた。山でキツネは当たり前の話だが、いわゆるけものではなく雪形の話である。

雪形は多雪地帯ではどの地方でも昔から認識されており、特に春から初夏にかけて見られることから、田起こしや引水、田植えの時期の見定めに利用されることが多いようである。

有名なところでは信州の白馬村から見える北アルプスの代掻き馬..白馬岳の由来と言われている..がよく知られているが、同じ北アルプスでは常念岳の常念坊や、蝶ヶ岳の蝶、五竜岳の武田菱などもある。

雪形がどのように見えるかは人によって異なるかもしれないが、夜空に広がる星座同様に、昔から共通認識されてきたものについては、現代ほど様々なものを見聞きできる時代ではないので、そう言われればそう見えるかな的なものが多いのではなかろうか。

20160603

さて、どこにキツネがいるかは見た人それぞれにお任せしよう。もちろん見えなくてもそれも良しだ。

カテゴリ:季節感, |タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2020/1/27
ハイオク
広角レンズのパース誇張は雄大な風景を表現するのに有効な手段だが、建築物など人工的な構造物を撮影する際 ...…
2020/1/26
二度目の夜明け
ようやく時間が取れたので、スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの字幕版を観に行ってきた。 封切 ...…
2020/1/25
絞りを開けて被写界深度を深くする
商品の物撮りなどで地味に世話になっている機能が深度合成である。深度合成とは何ぞや?という向きにはこち ...…
2020/1/24
出会い狐
早朝、林道をこちらに向かって何やらけものの類が歩いてくるのが見えた。一応双眼鏡で確認するが、覗くまで ...…
2020/1/23
とっとことっとこ
駆けるほど急いではいない。でも歩くほどのんびりしているわけでもない。 なんかそんな感じの足跡が山上の ...…
2020/1/22
1200mでも流し撮り
オシドリの鳴き声が響く山間の静かな湖沼に立っていると、下流方向からバシャバシャと水をたたく羽音がした ...…
2020/1/21
7.5段
E-M1Xの手ブレ補正の基本はボディ内手ブレ補正だが、レンズ内手ぶれ補正機構を搭載するED12-20 ...…
2020/1/20
ブレないに越したことはない
E-M1Xが他のミラーレスカメラより明らかに優れているのは、なんと言ってもその手ブレ補正機構だ。 す ...…
2020/1/19
ゴミはないに限る
E-M1Xが業務用カメラとして有用な理由の一つはそのダストリダクション性能だ。 いわゆるセンサーのゴ ...…
2020/1/18
雪の朝いの字いの字の蹄のあと
E-M1Xが業務用カメラとして有用な理由の一つはその防塵防滴性能だろう。 メーカーは一応IPX1まで ...…
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。