photrest banner

何かと評判の悪いマイナンバー。推し進めようとしてい連中の下心が見え見えなのでっていうのもあるが、自分に生涯背番号が振られることへの嫌悪感から拒否反応する人が多いというのはある。

国への妙な隷属感というか、まあその辺りの負の心理的な面は否めないが、そうは言っても管理する上で個別のIDが必要であるのは確か。

そもそも普段意識していないので気が付かないのだろうが、実は我々には他の誰とも被ることの無いユニークな値があちこちすでに付番されているのである。

個人を証明する際に使用される例えば運転免許証とか健康保険証、それにパスポートなら世界共通で個人証明の手段となり、その何れにも本人を特定するためのユニークなIDが基本となっているのである。

要の地方自治体が管理する住民基本台帳にもしっかり個人の番号が付番されているので、今更マイナンバーだけ否定しても意味はない。

この件で問題なのは最初に書いた推進する側の下心で、これにかこつけて個人の全資産を把握しようとする財務省の暗躍だろう。税金の納付と給付金の直接交付だけなら代表口座だけで済むのに、全銀行口座の紐付けの義務化など理解が得られるわけがない。

国民に対し便利なサービスを提供するだけ、というそこ一点に絞って普及させていくべきだろう。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

すでに健康保険証と運転免許証のマイナンバー対応は既定路線であり、今話題のワクチンパスポートのような証明書類の類も時間の問題だろう。

ただ気になるのはやはりこの国のIT行政の程度の低さからくるセキュリティの不安だな。何より専門知識やITへの知見のかけらもないバカを大臣や事務方トップに据えるのはアウトだぞ。

カテゴリ:独り言
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。