photrest banner

政治の素人が政治を語るなって、それ言ったお前らにそのままブーメランな。

環境省のセクシー担当大臣は検察庁法改正案について記者から意見を求められたら、「回答は差し控えたい」と言ったそうだ。大体コイツはいつもこんな感じでのらりくらりで、言っていることの大半は意味のないポエムばかり。政治家のくせに政治について語れないなら大臣も政治家もヤメレ。

新コロナ対応で無能無策を露呈している厚生労働大臣のカトーなんて、新型コロナが蔓延しているクルーズ船に「防護服は必要ない」と言って、職員・関係者をノーガードでカミカゼ突入させた防疫のド素人もいいところだ。

さらにお馴染みのIT担当大臣..こいつは名前忘れたw..に至っては、ITについて何一つ知見も技術もない、そしてPCすら自分でろくに使いこなせもしない..と本人が会見で大見えきっていたしな..ただのハンコ屋親父がやってるじゃねぇか。そんな無能はイラネ。

そしてトドメは「私は立法府の長である」と国会で堂々と啖呵を切ったアレだな。オメェは行政の長だろう!三権分立の大原則も知らない素人政治家が、ヌケヌケと内閣総理大臣を8年もやっている..逆に言うと誰でも務まる職とも言えるがw..時点でこの国は終わりだな。

今回の火事場泥棒法案について、元検事総長や検察OB、それに現職の司法関係者からも明確に反対する声が多数上がっている時点で、世の中の多方面からの意見が決して政治の素人の拙速な意見ではないことが分かるはずだ。

過去には証拠を捏造した検察官などもいて、検察そのものの有り様に疑義が挟まれることもあるのは事実だが、先日法務省に提出された元検事総長や検察OBの反対意見書を全文読むかぎり、いかにアレ政権と与党が常軌を逸した政権運営をしているか、これからしようとしているがよく分かるぞ。

お前ら、これ以上踏み出せば一線を越えることになるが、その覚悟は出来ているのか?

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

越えそうで越えない一線、というわけでもないだろうが、いつもこの電柵に沿って見掛けるキジのお父つぁん。

ドラミングが聞こえてきたの近づくと、やはり今日もこの畦で見張り中。

カテゴリ:独り言, |タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。