photrest banner

先日アレがニコ生の動画配信に出演し、何やら一方的に好き勝手なことをほざいていたらしいが、産経新聞の独占インタビューも然り、首相会見では記者の質疑応答にはろくに応じないクセに、自分に都合の良いメディアにだけ露出するという姑息なやり方には実に腹が立つ。

ニコ生なんてネット番組、一体国民の何人が観ていると思っているのだ。この国難にあって国民の多くは不安や疑念を抱えているのだから、毎日すべてのメディアに対して記者会見を行なって、一つでも多くの新鮮な情報を提示し、国民の不安・疑念を取り除く努力をすべきである。

そのニコ生番組には、ノーベル医学賞受賞者でiPS細胞研究でお馴染みの山中伸弥京大教授が同席したそうで、今のような無策無能な状況では「来年に延期した東京五輪の開催など難しい」と思いっきり突っ込まれたようでザマはない。

そもそも全国民に自粛延長を1ヶ月延長したばかりなのに、すでに出口戦略がどうしたこうしたと言い出しているが、基準となる明確な数値が示されていないため、その時の気分次第みたいな唐突なやってる感を出す可能性があって、非常にこれがまた危うい感じだ。

ごく限られた絞った数しかPCR検査を受けさせない現状の策において、市中にどれだけの感染者がいるのか未だ分からないのに、どうして収束傾向にあるとか、出口戦略はこうだとか言えるのか、頭がおかしいのではないだろうか。

先の番組で山中教授が進言したように、今の100倍PCR検査を行なって必要なら隔離を行い、さらに合わせて抗体検査も行うことで、それで初めて経済を回す云々を口にできると思うぞ。

未だ何ひとつ今が解決していないのに、勝手にその先の夢を見るなって話だ。

FUJIFILM X-T4 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / PROVIA
FUJIFILM X-T4 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / PROVIA

FUJIFILM X-T4 / XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / Vlevia
FUJIFILM X-T4 / XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / Vlevia

赤城高原ではヤマザクラが終わって、続いたヤエザクラもそろそろ終盤戦である。白いのは一週間ほど前、赤いのは三日前ぐらい前が見頃だったかな。

遠目に見ればまだ絵になるが、いずれ風が吹けばどちらも新緑に花を散らしてしまうだろう。

カテゴリ:独り言, 花・植物|タグ:,
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。