けあらし立つ

2017/10/12

気象用語でいう蒸気霧のことを北海道では毛嵐(けあらし)と呼ぶ。彼の地では海上に湧き立つ様子をそう呼ぶとのことだが、北日本全般では川面や湖沼の水蒸気もけあらしと言っているようだ。

FUJIFILM X-T2 / XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

この季節の伊豆沼も冷え込んだ朝によくけあらしが立つ。そんなタイミングで朝の雁行に出会えれば最高だが、こればかりは生きもの相手だけにそのシナリオは運に左右される。

この日の朝もあらかたマガンたちが飛び立って行った後にけあらしが見られた。

カテゴリ:季節感|タグ:,
最近の記事
2017/12/17
石畳
我々のイメージするいわゆる天守閣を持つ城ではなく、戦国時代中期の山城としては珍しいかもね。城郭の中に ...
2017/12/16
フットプリント
今年もこの季節がやって来た。冬はワイルドライフの行動トレースが簡単でステキ。 FUJIFILM X- ...
2017/12/15
曼荼羅
レンズの解像力テストのような鳥の羽毛のクローズアップ。水鳥なんで特に当たり前だが、見事なまでに水を弾 ...
2017/12/14
雪中行軍
50mほど先の村道を横切る複数の黒い影を発見。近づくまでもなくそれがイノシシであることはすぐに判った ...
2017/12/13
段丘煙る
国定教科書にも載る我が村の河岸段丘が何やら霞み、いや煙い様子が判る。そう、この季節恒例の野焼きの真っ ...
2017/12/12
氷上のカンバス
県北の湖沼群はそろそろ凍結し始める季節。全面結氷となるには少々寒さが足らないのだが、今週辺りは厳しい ...
2017/12/11
サル者は追わず
神奈川の平塚に端を発した都内のサル出没騒動。その後に厚木・鎌倉・鶴見と移動し、多摩川を越えて大田区・ ...
2017/12/10
赤浅間
北面でこの程度ではまだまだ雪が少ない。よって赤味も今ひとつ、かな。 FUJIFILM X-T2 / ...
2017/12/9
初冬の稜線歩き
一般の人様より観察道具など携行機材が多いので、なるべくならアイゼン付けた冬山登山は勘弁で、調査は本格 ...
2017/12/8
続・赤と白の競演
三峰の赤と谷川の白の競演はこの時期限定の眺め、その2。 LUMIX GH5 / LEICA DG V ...
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。