タグ : 氷柱

BLUE ICE PILLAR

2018/2/17

天狗様を探しに某所へ出掛けた帰り道、Project AKG/From AKGの一環で梨木の氷壁を眺めてきた。ここは地形的な関係で日中でも日が射し込むことがないため、年明けぐらいから見事な氷壁が見られる。

赤城山の東側は自身の噴石が堆積した地層であるため、その火山砕屑物である軽石の層を通り抜けてきた地下水が染み出しているところがいくつか見られ、梨木もそのうちの一つである。

その湧き水が凍りついて幾重にも重なる氷柱が見られるのだが、氷柱群が所狭しと並び立つことで、さながら碧き氷の壁のごとき造形を見せてくれる。

FUJIFILM X-T2 / XF10-24mmF4 R OIS
FUJIFILM X-T2 / XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

季節は確実に春へ向けて動いているが、寒さはまだまだ厳しい日が続く。

気の早い人は春を探し始めるが、向こうから近づいてこない限りまだ春を探すことはしない。もう少しだけ、厳しい冬の景色を狙って押さえておきたい。

カテゴリ:季節感, 景勝地|タグ:,

氷柱

2017/2/18

ここ数日、冬とは思えないほど日中の気温が上がったせいで、家の北西の角から、3m以上はあろうかという長いつららが伸びていた。仕事場からは角度的に死角になっていたため、しばらく気がつなかったのだ。

ここまで伸びているのに気が付かなったのはいかにも間抜けwだが、さすがに落ちて何かしらの被害が出ても困るので、証拠写真を撮ってから、一脚を伸ばして叩き落とした。

落ちた辺りも凍っていて結構な音がしたたため、南側の餌台に集まっていた小鳥たちが慌てて逃げ出していくのが、羽音と警戒声で判った。いや失敬、失敬。

カテゴリ:季節感|タグ:

つらら

2016/1/20

中一日開けて、今日も朝から雪模様。一昨日の50cmが大して減らないうちに積み増しで、庭先は70cmほどになった。週末にはまたどっさり降りそうな話なので、駐車場と家の周囲だけでも除雪しておかないと、いつぞやのように歩くのも困難になってしまう。

いよいよ大寒を前に帳尻を合わせてきたなって感じだ。

20160120

軒先にはあちこち氷柱が下がっている。一昨日の雪は水分が多かったので、屋根に載っている分が日中解けかかっているのだ。落下すると氷の塊は危ないので、撮影した後、スコップで突付いて落とせるものはすべて落としておいた。

カテゴリ:季節感|タグ:
最近の記事
2018/6/17
続・G9 PROのAF
朝から林道脇の空地で天狗様をのんびり待っていると、ちょっと前から目の前をウロウロしていたノスリが、何 ...
2018/6/16
梅雨寒
今週半ば、季節外れの換気が流れ込んで北海道の石北峠が雪という話だったが、赤城高原もその頃から気温が上 ...
2018/6/15
要らぬは電柱なりにけり
SLを撮っていて常に気になるのは、規則的に並び立つ電柱と架線の類である。今や鉄道のほとんどが電化され ...
2018/6/14
サムライブルー2018
ワールドカップのロシア大会が明日から開幕だそうだが、事前の様子ではほとんど期待はできそうにない。世代 ...
2018/6/13
増えたのは人のおかげ
野生動物は環境破壊で生息地を追いやられ、徐々に絶滅に向かうというのが一般的なイメージであるが、減るど ...
2018/6/12
朴葉
ホウノキは樹高が高く成長することで知られており、高いものでは優に30mを超える高木も見られる。その上 ...
2018/6/11
今年はスー
そろそろコゲラの巣立ちも近い頃だろうと立ち寄ってみると、巣穴から雛の声が聞こえてきた。ここでコゲラっ ...
2018/6/10
続・G9 PROの深度合成
深度合成自体は既存のアナログ技術の具現化であり、特に目新しいものではないが、注目すべきは一連の行為が ...
2018/6/9
G9 PROの深度合成
ピント位置を少しずつづらしながら一度に撮影してくれるフォーカスブラケットは便利である。 露出に関して ...
2018/6/8
予備機を持って備えるべし
デジタルカメラになって一番のメリットは、フィルムの交換が必要ないことである。などと書くと、デジタルか ...
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。