群馬の映像制作工房

伐採地巡り

Posted on: 2014/1/5

冬季の県北は積雪があるため、伐採作業は遅くても年末がギリである。そんな新たに刈られた狩場として有望な伐採地をカシミールに記録しておき、冬季に作業が入らなくなってから定期的に張り込みを行っている。大抵はクマタカやノスリに当たることが多いのだが、天狗様の領地内であればその飛来の可能性は無きにしもあらず、だ。

20140105

とあるペアの外郭ギリギリの尾根。標高の高いところはカラマツばかりで芸がないが、それでもバッサリ刈ってもらうとしばらくは楽しめる。尾根筋に残ったミズナラにクマ棚が見られるので、春先から初夏が頃合いだろうか。

Categories: 猛禽 | 3 Comments
Related posts
3 Comments for 「伐採地巡り」
  1. 鳶丸 2014/1/8 13:25

    一日見てても飽きない場所のようですね!

    ところで写真のようにスコープ双眼+双眼鏡の機材の使い勝手は、どんな感じなのでしょうか?
    (差支えない程度で良いので、TMさんの仕様を教えていただければ幸いです。)

    私はスコープ単体(20-60×)と双眼鏡(10×)を手持ちで見ています。
    最近、追加で双眼鏡も三脚に載せようかと思ったのですが、双眼鏡のチョイスで悩んでいるところであります。
    フィールドによって状況が変わってきますからね。。。

    • TM 2014/1/8 20:25

      調査活動時は20倍スコープの双眼に10倍の双眼鏡で、撮影メインの時は撮影機材の脇に20-60倍のスコープ1本しか並べません。常時首から下げているのは8倍クラスの小型双眼鏡です。

  2. 鳶丸 2014/1/11 14:53

    20倍スコープの双眼・・・。
    良く見えそうですね。
    スコープ一本は片目で長時間見ていると、つぶっている方の眼がヒクヒクしてきます(笑)
    また色々考えてみます。
    ありがとうございます。

Leave a comment

  • * が付いている欄は必須項目(Emailは非公開)です。
  • スパム対策のため、Capture Codeを表示画像より入力してください。
  • 日本語を含ないコメントは無視されます。

*

*





*

Recent posts
2017/5/29
月末近くになると追い込み多忙モードへ突入で、しかも週初め...
2017/5/28
まだ子供だけどね。
2017/5/27
ニホンザルの繁殖期は秋から冬で、妊娠期間が5ヶ月から6ヶ...
2017/5/26
ニホンザルは霊長目の中では最も北に生息するサルである。も...
2017/5/25
以前、サルの調査を手伝ってサル追いをしていたことがあるせ...
2017/5/24
少しネタが古いが、一週間前に尾瀬が山開きをした。尾瀬は単...
2017/5/23
下界はすっかり緑一緒に染まっているが、山の上は今まさに新...
2017/5/22
週始めでやや多忙なため、整理中の4K60P動画の切り出し...
2017/5/21
館林でいきなり猛暑日ときた。いやはや暑いわけだ。今日の午...
2017/5/20
県北の標高の高い森は、芽吹き前で林内の見通しが効き、小鳥...
Service info.
Recent comments
[17/4/28]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/28]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/4/27]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/27]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/4/26]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/26]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/3/24]

TM より 待った待ってた60P へ

[17/3/24]

モグラ より 待った待ってた60P へ

[17/3/3]

TM より こんがりきつね色 へ

[17/3/3]

もぐら より こんがりきつね色 へ

Page top »