タグ : トンボ

photrest banner

赤城高原も今日はこの夏一番の暑さだった。コーヒーも朝の一杯はまずホットだが、昼はもうアイスコーヒーでないとやってられないって感じ。先月某社のノベルティでもらったUSB駆動の卓上扇風機が、朝からブンブン回りっぱなしである。

暑い暑いとぼやいていたら、どうやら草津白根山がきな臭くなったようだ。火山性地震が3倍になって、国道292号含め周辺道路が再び閉鎖になった。町には仕事で出入りしているだけに、ちょっと心配なのである。面倒なことにならなければいいが..

20140725

アニマルキラーは通電しているはずだが、トンボたちには何ら関係ないようだ。朝一番に畑に出ると、列をなして沢山のアキアカネが電線に止まって休んでいる。

カテゴリ:小動物, |タグ:,

何やらデカイ台風がやって来そうだ。

しかも太平洋岸を東進してきそうな進路が予想され、このパターンは梅雨前線に南から必要以上に雨風が吹き込んで刺激し、雨台風になることが多い。それに風も強く吹くことは判りきっているので、犬以外で飛ばされそうなものは軒下と物置に収納して退避した。

何より今週の外の予定はすべてキャンセルだ(苦笑)。

20140708

数日前からチラホラ見かけていたが、今朝は一気にアキアカネの姿が増えていた。下界で孵化した成虫が、その下界の暑さから逃れるために赤城高原に避暑してきたのだ。これから秋深まるまで周辺に滞在し、涼しくなった頃を見計らって再び水辺に降りていくのである。

久しぶりに朝から姿を見せた上越国境を背景にまずは一枚。

カテゴリ:小動物|タグ:

秋茜

2013/9/10

20130910

夏うちは地味な色合いだった避暑トンボも、

何となく俗名の赤とんぼっぽくなってきた。

高標高地の居残り組もそろそろ下界へ降りる頃なので、

これでようやく山で惑わされることも無くなりそうだ。

カテゴリ:小動物|タグ:

山は涼しい

2013/8/29

赤城高原では、お盆を過ぎてから朝晩はかなり涼しくなって、タオルケットから夏掛けの薄い布団へと包まるようになったが、折しも接近する台風の影響で、下界はまたぞろ猛暑がぶり返したよう暑さだ。

予定していたアポが来週にずれ込んで、久しぶりにポッカリと体が空いたため、ロケハン兼ね、機材担いで県北の高標高地へ出掛けてきた。

さすがに標高が1400mを超えると、まだ日射しこそ刺すように強いものの、日陰で風に吹かれると寒いくらいで、久しぶりに長袖シャツに袖を通す。山に吹く風はすっかり秋風の様相である。

20130829

午後になると遠い稜線上に雲が湧き上がり、雲に押し上げられるよう天狗様が気持よくソアリングするが、すぐに尾根を超えて視界から消えてしまった。

目の前の谷筋から谷奥の稜線まで舐めるようにスコープで探す。視野の隅には、浮かんでは消え、また飛び込んでは消えるを繰り返す、大量の避暑トンボたち。浅いV字を保って遠目をゆっくり飛ばれると、判っていてもついつい反応してしまってすぐに苦笑いだ。

20130829b

そして夏の陰影に照らされる山肌を撮影しようとバックパックを覗きこんで、望遠ズームを詰め忘れたことに気付いて再び苦笑い。

直前に仕事の電話が入ったこともあって、ここで潮時と下山した。

カテゴリ:小動物|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。