photrest banner

世紀の愚策と言われた当時のバカソーリのコロナ対策であったアレノマスクが、今また話題に上がっている。

東京スカイツリーが建つほどの莫大な国家予算が投じられたにもかかわらず、感染対策には1mmも役に立たない布マスクだった上に、虫まみれで不衛生な粗悪品で、しかも世の中に十分市販品が出回ってから国民の手元に届くというバカ丸出しの愚策だった。

少なくても我が生活圏でアレノマスクをしている人などただの一回も見たことないし、当時見かけるとすればニュースに流れてくるバカソーリの映像に映るその当人と、その取り巻き腰巾着だけだったぞw

何でまたその愚策が蒸し返されているのかと言えば、この選挙期間中にもかかわらず空気を読まない会計検査院がその無駄遣いを報告したからである。

未だに配られる当てのない大量の在庫が100億以上も残っていて、しかもその保管のためにすでに6億も税金が使われていて、廃棄しない限りこれからも保管料が毎月ウン千万も掛かるというから呆れて物が言えない。

五輪の余りであった感染対策に有効な不織布マスクと消毒液は早々に廃棄してしまったくせに、バカのメンツを保つために使う当てのない布マスクには税金を投入して保管するというのだから、馬鹿も休み休み言えって話だ。

FUJIFILM GFX100S / GF23mm F4 R LM WR / Velvia

ここ数日はまたシカのラッティングコールがよく聞こえてくる。

近所の朝採りシーズンが一段落して、畑とその周辺に人の姿が少なくなったので、シカたちが耕作地近辺に留まっているようだ。

カテゴリ:独り言
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。