photrest banner

毒茸

2019/9/15

キノコの旨さは食ってみて分かる。が、キノコの怖さは見た目では分からない。

時節柄、フィールドでキノコを目にする機会が多くなる。ナメコ、ナラタケ、マイタケ、マツタケぐらいは分かるが、その多くは素人の付け焼き刃で手を出せるほど底の浅い世界ではないので、その道のプロから頂くものだけ口にするに限る。

森でばったりクマも面倒だが、森でうっかり毒キノコも厄介だ。

iPhone 6

ドクツルタケだろうか、見た目の白さはどこかファンタジーを想起させるが、実は日本産キノコでは最強の毒キノコらしい。

まあ見た目からして食べようとは思わないが、毒を持って身を守るというのは生きもののみならず、植物も菌類も同じということだ。

カテゴリ:季節感|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。