photrest banner

平野部の水田地帯に朝日が登る。夜のうちに雨が降り、夜明け前から気温が高めだったので、予想通り霧が発生した。

波長の長い朝の鈍い光が朝もやに反射して、色温度も低く必然的に見るものすべて暖色系に包まれる。

近くの沼からはコォーコォーというコハクチョウの鳴き声が聞こえてくる。グワッという声を見上げれば、アオサギがゆっくりフワフワと頭上を飛んでいくのが目に入った。

軽トラックや通勤車両が農道を行き交い始め、あらゆる生きものの一日が始まる。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / Velvia

水田地帯と言って暦の上ではまだ冬なので、農作業が始まるのは3ヶ月は先の話だ。

カテゴリ:季節感|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。