photrest banner

ススキの花

2018/10/3

例年、赤城高原では早ければ8月にはススキが伸びてくるのだが、今年は早くに夏の草刈りが行われ、路傍がきれいに刈られてしまって、季節の歩みとは別にススキの出るタイミングが遅れている。

ススキと言えば中秋の名月で団子と一緒に飾るのが一般的で、その穂が伸びた状態がよく知られているところだが、当然のようにススキにも花が咲き、受粉して種子ができるのである。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / CLASSIC CHROME

ただ、花と言っても我々が想像するようなものとは異なり、いわゆる花弁はない。茎から直にぶら下がっている黄色いのが雄しべで、3つずつ出るのが特徴。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / CLASSIC CHROME

花粉を飛ばして役目を終えつつある雄しべと入れ替わりに、赤い雌しべが目立つようになる。ススキはイネ科の風媒花だが、雄しべと雌しべの出てくるタイミングがずれているのは、自家受粉をしないようにするためだろう。

FUJIFILM X-H1 / XF16-55mm F2.8 R LM WR / CLASSIC CHROME

高層湿原に育つワタスゲ然り、普段我々がイメージするススキとは白く輝く穂の状態だが、その少し前に観察できれば、ちゃんと花が咲いているのを見ることができる。

カテゴリ:花・植物|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2019/6/25
平気なの?
田んぼの畦でよく見かける菊のような白い花はシロバナムシヨケギクといって、その名の通り除虫菊と呼ばれて ...
2019/6/24
しがみつく
この時期のサルの群れには、この春に生まれたばかりの子ザルを抱えた雌が混じっているのを見かける。 昨年 ...
2019/6/23
さらばアナログよ
テレビ新調などと書くと8Kテレビでも買ったのかとすぐリプライ飛んできそうだが、何のことはない、ふつう ...
2019/6/22
記録的短時間大雨情報
昨晩は短時間ながらかなり強い雨が赤城高原に打ち付けた。防災無線で記録的短時間大雨情報を知らせていたよ ...
2019/6/21
遺伝か学習か
林道脇で小休止してのんびりコーヒーなど飲んでいると、気が付けば周囲をサルに囲まれていた。 奥山のサル ...
2019/6/20
敵意
どんなに姿勢を低くしても、遮蔽物のない農道では姿丸見えだ。 どうにもシマッタしくじったという顔をしつ ...
2019/6/19
ガスに巻かれて
梅雨の晴れ間は1日と持たず、今日のみちのく奥山は再び雨模様で視界なし.. FUJIFILM X-H1 ...
2019/6/18
梅雨の晴れ間に大遠望
昨日は結構激しい雨模様であったが、今日は打って変わっての快晴で、時ならぬ大遠望日和となった。 iPh ...
2019/6/17
逆光で
ちょっとバタバタと忙しいので、馴染みのホオジロの旦那にご登場願おう。 FUJIFILM X-H1 / ...
2019/6/16
のぞき込む
梅雨の時期を迎えて山の緑は一層の深みを増している。 眼下に轟々と流れ下る渓流をのぞき見つつ、近くで鳴 ...
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。