photrest banner

今どきのアレ

2015/11/19

いつものことながら、会話の合間に「ところでアレってどう?」などと振られることがある。

アレに該当するものは時節柄いくつか思い浮かぶのだが、クライアントとの会議の話題から想像すれば、今日の場合は先日発売開始されたiPad Proを指すことはすぐに判った。

iPad ProはiPad Airを倍までは行かないまでも、13インチ近くと一回り以上大きいスクリーンを備えたタブレットPCのことである。先日実物をApple Storeで確認したばかりだが、A4の雑誌とほぼ同程度のサイズ感、厚みであった。見た目が大きいので手にした感じでの重量感はあるのだが、実際は9インチ iPad3以前と同等である。

ともすれば何かこうAppleが新しいガジェットを発売すると、やたらすぐに飛び付きたくなる人達がいるのは周知のことなので、そうですねぇなどと会話が続くのだが、どんなにメディアがその新たな試みを讃えてみても、やはりデカイタブレットというのが正直な感想である。

ただ、実際操作した感じでは、かなりサクサクキビキビと反応するのに驚いた。貧弱な我が家の通信環境との違いもあろうが、マップの3Dビューが何のストレスもなく表示されたり、YouTubeサイトでの切り換えもかなり早い印象であった。シングルコアに限定すれば、MacBookより高速だという話も眉唾ではないだろう。

どんなに高性能であってもiOSである限りMacとの比較に意味は無いのだが、Surface Bookの登場などと合わせ見ると、自分の欲する作業のどの程度がPCの代わりになるか、という思いが皆あるのだろう。個人的には外部ストレージを従えた映像編集環境の問題がもっとも大きく、さらにプログラミング用途のIDEが動作しない限り、タブレットPCがメインとなることはあり得ないが。

iOSとOS Xの統合については、AppleのCEOであるティム・クックの言葉をして「どちらのユーザーも満足させることが出来ない中途半端な製品」になる可能性を示唆し、当面出てきそうにないが、市場のニーズが高まれば早晩製品化される可能性はある、と個人的には思っている。そしてそれはまずは統合ではなく、双方がシームレスに切り換えられる的な過渡期を経てのことだろう。

ところで、「ところでアレってどう?」と聞いてきた人はカメラマンであり、どうも撮影時のお供に携行してクライアントへのレビューなどに使いたいらしいのだ。それなら今持っているiPadで十分でしょう、と身も蓋もない返事をしてしまったのが、本音のところは背中を押して欲しかったのは容易に想像がつく。Yさん、iPad Pro是非買ってみて。で、飽きたら私にお下がりよろしく(笑)。

20151119

朝の6時半頃。かなり日の出が遅くなった感あり。もっとも、赤城高原は東に赤城山本体を望む地形のため、そもそも日の出は遅いのだけど..

カテゴリ:ガジェット
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。