photrest banner

先日の雨で家の周辺の融雪が一気に進み、2月の大雪の名残もようやく無くなった。畑脇の除雪の痕が長らく頑張っていたが、やはり春の日射しには勝てなかったようだ。窓際から眺める近景に雪があると、それだけでまだ春遠いイメージを持ってしまうが、これで赤城高原でも何となく春を近くに感じられるようになった。

とは言っても地元ではヒバリもウグイスもまだ鳴かず、先日庭でフキノトウを採って天ぷらにしたぐらいなので、ニュースのような桜開花などまだしばらく先のことだ。

庭の餌台は相変わらずカラ類が賑やかだが、今月からはもう餌を出さないので、現金な連中はすぐに姿を見せなくなるだろう。ちなみに、野生動物の餌付け問題など高尚に慮っているわけでなく、単に自家製ヒマワリの在庫が底をついただけの話しである。

そんな小鳥を狙ってハイタカが姿を見せる時があるが、時にはオオタカが来ることもある。今年も近所の森で営巣行動に入っているのを確認しているが、恐らくそのペアの連れ合いだろう。最近は特に仕事場の前をよく横切って行くのを見かけることが多い。

20140401

キーボードを叩きながらふと気づくと、裏の家の屋根の上に止まっているの確認。デスクに転がしてある400mmで窓越しにまずは一枚とシャッターを切るが、すぐに飛び立って行ってしまった。

カテゴリ:猛禽|タグ:
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。