photrest banner

首相動静を見ていればハッキリ分かることだが、アレが休みなく働いているというのは全くの嘘である。

7月も8月もしっかり週イチは「私邸で終日過ごす」とあり、それ以外の日も小一時間官邸に顔を出すことはあるが、会議をするわけでもなし、要人と会うでもなしで、せいぜい私的な会食をやってる程度である。

例年なら国会を閉じてから外遊している時期だが、全世界的に新コロナ渦で他国の首脳の物見遊山など受け入れる余裕などどの国もあるわけなく、まあ言ってしまえばアレは「手持ち無沙汰」でやることがないのである。

やることがないのだから、それこそ国会でも記者会見でも開いて新コロナ渦にあえぐ国民に説明責任を果たすべきだが、子供みたいに国会に出るのは嫌だと駄々をこね、世論が批判的と見るや今度は病院で検査という情に訴える策に出てきたわけだ。

知を尽くし論を尽くした政策を実行中で、今まさにその効果が着々と現れているみたいな状況ならいざしらず、全然異なる未来を想定して決めた政策を「一度決めたことだから」という戦時中のような理由で玉砕目指すのではなく、現況に合わせて効果的にきめ細かく対応を変えていくことが求められているのだ。

一度は体調不良で政権を投げ出した前科があるので、本当に体調不良の線も全否定はできないが、そもそもそんな体力的にも精神的にもヤワなチキン野郎が国のトップに居座っているのが迷惑千万である。

それに病院からのメディアの出待ちはまだ分かるが、病院に向かう途中の仰々しい車列を撮らせている辺りは何か怪しいもんを感じるなぁw

あとどさくさに紛れ、記者の前で「140日休みなく働いたことないやつが言うな」的な主旨でアホウが口をへの字に曲げて能書きたれていたが、我ら自営業者ならそれこそ年中無休、世の中の勤め人でもそんな人はザラにいるぞ。何を聞いたふうなこと言ってやがる。

働き方改革は一般国民のための政策であって、オマエラ政治家のためのものではない。政治家こそ身を粉にして働けよ。それに見合う報酬をもらってんだから当然だぞ。

政治家を目指した時点でそれこそ人生すべてを国民と国に捧げるぐらいの覚悟必要で、休みなんて取れたらラッキー。問題山積の状況を目の前にして、「ソーリも人並みに休みが必要」などと周辺の取り巻き腰巾着に言われている..正確には言わせているが正しいだろうな..時点で、そもそも政治家としての資質がないと思い知れよ。

以前に何度も書いているが、とにかく政治は結果が全てだ。布マスクを何億枚配ろうが連続勤務日数がどんだけ続こうが、そんなものはクソの役にも立たんぞ。

FUJIFILM X-H1 / XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS / CLASSIC CHROME

日中はまだ暑い時間帯もあるが、盆を過ぎてから赤城高原は朝晩はすっかり涼しくなって、秋の虫が鳴いている。

先週は県内で40℃のところがあって話題だったが、それも先日の浜松の41℃超えで上書きされたようである。

この調子じゃ下界はしばらく残暑が続きそうだが、打ち合わせでクライアントに出向く機会はほぼ無いので、その影響を受けることはほとんどないな。

カテゴリ:季節感, 独り言
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。