photrest banner

このところの感染者数の増加が第一波の続きなのか、それとも世界に先駆け第二波が始まったのかが話題だが、それより先になんとアレノマスクの第二波が始まったぞ。

国会を閉じて以降、官邸・公邸に閉じこもってまったく世間に姿を見せなくなったアレ。SNSで雲隠れ晋三などと揶揄されるほどの隠遁ぶりだが、ここに来て開き直ったかのかそれともとうとう気が狂ったか、国民の8割以上から「役に立たなかった」として不評を買ったにもかからず、懲りずにまた布マスクを8000万枚も配布するというから笑止千万だな。

今回の布マスクも前回同様にカビまみれ虫まみれの可能性が否定できないしな。

「効果の検証を行ってはいないが感染拡大の防止に一定の効果がある」という政府答弁と閣議決定などもあり、これがもしかして大阪の民間お笑い興行会社に百億も払った成果か?などと、まあ笑いを取るぐらいならまだしも、それ全部税金だってこと忘れんなよ、アレ。お前の金じゃねぇぞ。

全国津々浦々まで迅速になどと大口をたたいておいて、結局配り終えたのは6月に入ってからだ。5月には市場にサージカルマスクが普通に出回っていたので、まったくもって不要不急の税金の無駄遣いということに終わった、と思っていたらまさかの追加発注という信じがたい暴挙を炸裂。

すでに発注済みだったから仕方ないという話もあるが、いやいや、途中で発注を止める方法などいくらでもあるぞ。多分、関係者誰も追加発注を覚えてなかったんじゃねぇのか?って話で、そんなヌケサクばかりが国の中枢に居座っているなぞ国家存亡の危機だな。

不要不急の外出を避けろじゃねぇ、お前らこそ不要不急な布マスクなんぞ配るなって話。何百億も布マスクごときに費やすなら、医療機関や医療従事者、PCR検査に金回せよ、ボケ。

これはもはや国策によるマスクハラスメント「マスハラ」じゃね?

OM-D E-M1 MarkIII / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

表の仕事は昔から自宅でリモートであるし、裏稼業はシーズンオフ突入、不特定の人との接触機会が高い外ロケの撮影も受けていないので、今のところ業務で人と会うことがほとんどない。なので、日々の生活でまったくマスクの必要性を感じていない。

不快指数が高い今の季節はマスクの装着自体うっとおしいが、マスク警察の要らんツッコミ排除も面倒なので、買い物で店舗に入る時は仕方なくマスクを付けるようにしている。

それにしてもだ。一人で車に乗っているのにマスクとか、登山中にマスク、海水浴場でもマスク、飲食店で食事しながらマスク等々、それにzoomの打ち合わせでマスクしているヤツも意味不明w

そもそも周囲に人がいても喋らない限りマスクなど不要なので、俺マスクして感染者対策バッチリ!みたいなマスク警察のマスハラはどうにかならんかいな。

カテゴリ:独り言
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。