photrest banner

初夏は一年で最も日差しが強い時期だが、新緑の森の中は新しい息吹となった葉を透過して降り注ぐ光が気持ちいい。

葉や幹の重なりを探してアングルを変えてみつつ、シャドウを落として葉脈を強調したり、ハイライトを飛ばして太陽光による自然のライティングを活かしたりと、この季節に森の中を歩く時はついつい樹上に目が行ってしまう。

FUJIFILM X-H1 / XF10-24mmF4 R OIS / Velvia

FUJIFILM X-T2 / XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR / PROVIA

FUJIFILM X-T2 / XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR / PROVIA

FUJIFILM X-T2 / XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR / PROVIA
FUJIFILM X-H1 / XF10-24mmF4 R OIS / Velvia / Dレンジ優先

森の中は暗い。カビの生えたような古い考えの撮影テクニックの教本なら、ガッチリした三脚にカメラを固定して息を殺し、レリーズでシャッターを切れとか何とか書いてあるが、こんな気持の良い季節にいちいち立ち止まって機材をセッティングして撮影など、実に非効率でもったいない。

小型軽量で手ブレ補正の付いたミラーレスカメラ..または手ブレ補正の付いたレンズ..なら、そんな面倒なことで時間を潰すことなく、次から次へと被写体を探して歩を進めることができる。

でも鳥や虫の息吹の音や、初夏の風が樹冠を駆け抜ける衣擦れの葉音に耳を澄ます時はそっと立ち止まろう。何事もリズムが大事だ。テンポを変調するきっかけはそんな自然の奏でる音が良い。

カテゴリ:季節感|タグ:,
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2019/12/11
ロッピャクマンエン
その独特な意匠から過去には「おかもち」とか「ごみ箱」とか評されてきたAppleの歴代Mac Pro。 ...…
2019/12/10
ビーナスに鳴く
今朝は先日とは打って変わって異様に暖かい朝だった。予報通りと言えばそうなのだが、体感的には10月ぐら ...…
2019/12/9
氷と霜
都内に冷たい雨が降った先週末、赤城高原は氷点下5℃まで下がってこの冬一番の冷え込みとなった。 12月 ...…
2019/12/8
スマホで十分
週末は所属するグループの集まりに参加のためお江戸へ。仕事も含め今年はこれが最後の上京かな。 iPho ...…
2019/12/7
自然再生エネの置かれた現状
今月2日からスペインのマドリードでCOP25(第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議)が開催されて ...…
2019/12/6
基本的に冬鳥だけど..
ジョウビタキたちの縄張り争いも落ち着いたようで、林縁での小競り合いを見掛けることもなくなり、鳴き声も ...…
2019/12/5
時々樹冠
森の中を歩く時は大体目線からそれより低いところ、道の両脇とか足元付近を見ていることが多い。 山道は不 ...…
2019/12/4
ノスタルジーこそ攻めどころ
ソニーがウォークマンの40周年記念モデルをスペシャルパッケージとして予約販売しているが、これが注文か ...…
2019/12/3
シン?さあば
今年の流行語大賞はてっきり「桜を見る会」かと思っていたが、忖度の結果なのかノミネートすらされていなか ...…
2019/12/2
街中の赤いヤツ
午後遅く、クライアントとの打ち合わせを終えて駐車場に戻ると、すぐ目の前を波状飛行で横切る鳥影あり。 ...…
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。