photrest banner

山手線内で定位置ともいうべきドア近くのスペースに立ち、車窓を流れるメトロポリタンな眺めを流し見ていると、背後でヒソヒソとうら若きガールズの笑い声が聞こえてくる。

二駅同じ状況が続いたのでやおら背後を振り返ると、5人のJKが目に入ったが、途端にあちらは含み笑いをしつつ視線を外す。む、これは明らかにこの田舎者を笑っているなと我が身を振り返るも、まあこれといって思い当たるフシはない。

箸が転んでもおかしい年頃、自分にも経験があるよなぁと懐深くその場はそれでやり過ごしたのだが、夜、宿に入って脱いだシャツを見て昼間の笑劇に我納得セリ。先月某量販店で買ってきた安物のシャツの襟に、タグが付きっぱなしであった..

今思えば、注文取りに来た飲み屋のオネイサンも、どことなく笑顔が過剰だったよなぁ。懐が深いどころか思慮が浅かったな(苦笑)。

20160611

赤城のバックカントリーから東京ベイエリアまで、標高700mから海抜0mへ。広大な関東平野を百数十km移動の果てなので、その数字ほどの高度差を感じることはない。

ただ、大都会にひしめく構造物や建築物などどれひとつとっても、なかなかフォトジェニックに目に映る。

その昔、バブル期に東京で活動していた時期があるのだが、その時には写真に撮りたいなどと思ったことはついぞなかった。それが今目の前の光景にそのように感じるということは、歳を取ったのか感性が変わったのか。

時々はこんな景色にレンズを向けてみるのも悪くはないな、というのは正直なところかな。

カテゴリ:独り言
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。