photrest banner

7.5段

2020/1/21

E-M1Xの手ブレ補正の基本はボディ内手ブレ補正だが、レンズ内手ぶれ補正機構を搭載するED12-200PROとの併用なら、5軸シンクロ手ぶれ補正が機能する最大7.5段というのが「公式」スペックで、これはもはや異次元の世界である。

フィルムカメラで育った身としては、そもそも手持ちでスローシャッターが切れるというのが驚愕なのだが、1/4とか1/2なんて全然楽勝であり、同レンズの広角側ならスタンディングでも10秒、場合によっては20秒とかの長時間露光の領域が手持ちで撮れてしまうのである。

5000万画素のハイレゾショットが手持ち撮影可能であるというのも、このオリンパス自慢の手ブレ補正が為せる技だろう。

OM-D E-M1X / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO / 20秒露光

車のヘッドライトの動きが、長時間露光することで軌跡として写し込まれる。これが手持ちで撮れてしまうのだから、参りましたという他ない。

iPhone 11 Pro

異次元の7.5段を実現するのがこの組み合わせだ。そしてこのレンズの存在こそE-M1Xを業務用カメラと位置付ける最たる理由でもある。

いわゆる便利ズームとは一線を画す高画質と、24mmから200mmまでをこの1本でカバーしてしまうズームレンジの広さ。35mmフルサイズで言うところの、あの大きく重い24-70mmと70-200mmの2本がこの一本で済んでしまう。

加えて近接能力も高く、広角側で0.6倍、望遠側で0.4倍の撮影倍率はちょっとしたマクロ撮影も可能だ。

35mmフルサイズではまず実現不可能なこのレンズのパフォーマンスは、まさにマイクロフォーサーズ様様といった感がある。

カテゴリ:カメラネタ|タグ:,
ポートフォリオ
portfolio
ネイチャーフォトサービス
photrest site banner
最近の記事
2020/2/28
要請したのであってお願いではない
降って湧いたように来週からいきなり全国一斉に小中高を休校するという話が政府から出てきた。 これは子供 ...…
2020/2/27
なるか働き方改革
新型コロナウィルス騒動で脚光を浴びているニュースワードに、テレワークと在宅勤務が上がっている。 こち ...…
2020/2/26
災い転じて福となすか
現在進行系で拡大の一途をたどる新型コロナウィルス騒動のまさにその感染源と疑われているのが、中国の伝統 ...…
2020/2/25
スターリンク衛星群
フクロウの森で探索中はカメラを使うことはないので、少し林冠が開けた場所にE-M1Xを置きっぱなしにし ...…
2020/2/24
大きいことは良いこともある?
プロにお金払って撮影を頼むのだから大きいカメラが良い、という「大きなカメラがイチバン信仰」が残るのが ...…
2020/2/23
春一番っぽい
平野部は昨日春一番だったようだが、赤城高原では本日春一番っぽいのが吹き荒れた。そのせいか下から花粉が ...…
2020/2/22
寄り道せずに
「フルサイズが気になっているが、TMさんの話を聞いているとマイクロフォーサーズも良さげなんでどっちが ...…
2020/2/21
弁足
水鳥の仲間は、飛んだり歩いたりする以外に、水面や水中を泳いで移動することが出来る特徴がある。 カモの ...…
2020/2/20
銀残し
カメラ内であれもこれも合成を済ませてしまえるE-M1Xだが、他社同様に撮って出しのJPEGの仕上げも ...…
2020/2/19
明け方梟
このところ明け方にフクロウの鳴き交わしが盛んに聞こえる。 さらに夜半に家の中にいても聞こえることもあ ...…
アーカイブ
以前のブログ記事はこちら 
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。