年別アーカイブ : 2014

山納め

2014/12/31

午後から雪模様となる予報であったため、午前中のみ限定で今年の山納めへ。年始年末など野生の世界では関係ないとうそぶいてみても、何となく年の区切りで一旦納めておきたいと考えてしまうのは寄る年波のせいか(苦笑)。

午後は簡易な大掃除..どんな大掃除だ(笑)..ののち、月末であるため通常通り映像データの二重化..バックアップは日常的に行っているので正確には三重化だが..を行い、年度末に向けた書類関係の整理と締めに近所の温泉へ出掛けて今年は終い。

20141231

では皆様良いお年を..

カテゴリ:雑談

仕事納め

2014/12/30

今年は久しぶりにこんな時期まで忙しい日々が続いている。例年ならとうに仕事納めも済んで、スノーシューで山を徘徊しているはずだが、今日になってようやく仕事納めとあいなった。ま、正月早々にスタートアップされる業務らしいので、まあそれもやむ無しと言ったところか。

倅が帰省しているので家の大掃除はお任せなのだが、そんな状況なので仕事部屋も机周りも日常そのままである。正月盆暮れが特別な行事でなくなってから久しいが、それでも何となく年内には大雑把でも掃除をしておきたいと考えてしまうのはやはり日本人の血なのか(笑)。

さ、明日は大晦日だが、簡単に仕事部屋くらいは片付けておくかな..

20141230

このところ朝はよく冷える。一昨日だったか氷点下12℃まで下がったが、12月にこんなに寒いのは珍しい。それに気温が低いので山もよく染まる。

カテゴリ:雑談|タグ:

初うさぎ

2014/12/15

今年はここまで降雪はあってもなかなか積雪にならなかったのだが、今朝は昨日の雪が残ってくれたので、玄関前で今シーズン初のノウサギの足跡確認ができた。


20141215

もちろん普段から日常的に彼らは家の周辺で行動しているのだが、夜行性ということもあってなかなかその姿を捉えるのは難しく、この季節になってようやく足跡という痕跡をもってその姿をおぼろげに見せてくれる。

冬は寒いが一年で最も楽しい季節でもあるのだ。

カテゴリ:ほ乳類|タグ:

寒波襲来

2014/12/7

ようやく赤城高原にも雪が降った。今シーズンの初雪である。この冬一番の大寒波の襲来なので、まあ当然といえば当然なのだが、まあこの程度ならすぐに解けてしまうだろう。ただ、そうは言ってもその日は家にはおらず、寒波の影響をもろに受けた某所に逗留していたのだが..

20141207

く、車が..

カテゴリ:季節感|タグ:

樹上のケモノ

2014/12/4

リードから放たれた駄犬が鉄砲玉のように森の中に消えたのを見届け、少し離れて後を追って歩いていると、森の奥で何やら騒々しく吠え立てる声が聞こえてきた。しばらく行くと杉木立の上に向かって吠えているのが目に入り、おお、これはもしやフクロウ..以前に実績あり..かムササビではないかと期待して近づいてみると、なんだただのノラネコであった。ガックシ(苦笑)。


20141204

見上げると結構高く登っていて、7〜8mといったところか。どこぞのネコカメラマンではないのでノラに興味はないが、一応ネタとしてパチリ。

カテゴリ:ほ乳類|タグ:

視線

2014/11/29

20141129

何者かにジッと見られている、そんな気配を感じた。

またシカと思い周囲の林縁を探すが、それらしき大型獣は目に入らず。ふとその手前の草地にポツンと佇むキツネが一匹目に入る。どうやら視線の主はこいつらしい。いつからそこにいたのか判らないが、こちらの動きをひっそりと注視していたに違いない。

山に入ると時々こんな感覚にとらわれることがあるが、野生の生きものは案外こうして人の動きを見てやり過ごすことをするものだ。先に気付けばそれでよし、不幸にも出会い頭になってしまえば、弱いほうに何らかの力が作用することになる。

カテゴリ:ほ乳類|タグ:

干し柿

2014/11/28

20141128

ちょっと前に近所から大量に柿をもらってあった..当然渋柿だが..ので、今年は干し柿にチャレンジ。ただ、まだあまり風が強く吹かないため、なかなか実が干されていかないのが難点。天気予報によれば来週から冬型が強くなる傾向らしいので、ちょっと期待したい。

カテゴリ:季節感

山焼け

2014/11/27

20141127

今日は久しぶりに暖かい一日であったが、山が赤く焼けるようになると冬が近いことを感じさせる。浅間山はすでに冬化粧を済ませているので、山容がなだらかなこともあって特に赤く染まって見える。

20141127b

こちらは沼田市街地北東の三峰山。晴れていれば後ろに谷川連峰が白く見えるはずだが、今日は上越国境方面は雨のようだ。今年はまだ赤城高原では初雪がなく暖冬を予感させるのだが、そうは言ってもそろそろ車のタイヤをスタッドレスに換装しておくべきだろう。

カテゴリ:|タグ:


20141120

氷点下2℃と昨日に続いて今朝もマイナス更新。吐く息白く、すっかり初冬の様相であるが、庭先にポツンとタンポポの綿毛一つを発見。普通ならロゼッタで冬越しするはずだが、何を勘違いしたかのか狂い咲きだったようだ。

カテゴリ:花・植物|タグ:

初氷

2014/11/14

昨日より赤丸急上昇中のDJIの新型クワッドコプターInspire 1。

先日はうっかり情報を見逃していたのだが、上位機同様にコントローラを2台接続でき、操縦と撮影を分離できるらしい。つまりオペレータが2人いれば、スムーズな飛行とカメラワークを分業できるわけだ。1人で操作するとどうしても進行方向に注視してしまうので、カメラアングルはかなり制限されてしまう。

ドローンによる撮影は特機としての位置付けなので、チームで取り扱う前提であれば、かなり重宝する機能である。先日も書いたが、ドローンだからと高い空の上から撮ることだけに使うのではもったいない。三次元を自由に移動可能なドーリーのように運用するのが面白いと思う。

20141114

赤城高原の今朝の外気温は0℃まで下がり、今シーズン最低を更新し初氷となった。この辺りでは一応平年並みなのだが、北日本はなんだかエライ事になってるようで。北海道といえど11月中旬に40cmの積雪はかなり珍しいのではないだろうか。

20141114b

庭から見える谷川岳も雪化粧が定着し始めたので、こりゃそろそろジムニーだけでも先行してスタッドレスに換装しておく必要があるかな。

カテゴリ:ガジェット, 季節感|タグ:
最近の記事
2018/2/22
アトリグラフィティ
昨年までは春先にちょこっと姿を見せる程度だったアトリだが、今シーズンはレストランオープンしてしばらく ...
2018/2/21
夜明け
瞬く星々が息を潜め、漆黒の闇に碧き帳が降りるが如く空にグラデーションが滲み始める。 やがて宇宙(そら ...
2018/2/20
正面顔
地上に限った話だが、食肉目や猛禽類など食う側の生きものは、獲物との距離感を正確に割り出すのに立体視を ...
2018/2/19
雨水
雪から雨に変わる頃という意味で雨水だが、赤城高原ではまだ雪の季節である。とは言え、先日15cmほどの ...
2018/2/18
氷上の舞い
先日も書いた通りスポーツを観戦する高尚な趣味はないのだが、五輪とかワールド何とかの国際大会ともなれば ...
2018/2/17
BLUE ICE PILLAR
天狗様を探しに某所へ出掛けた帰り道、Project AKG/From AKGの一環で梨木の氷壁を眺め ...
2018/2/16
上州で雁行?
日本最大の流域面積を誇る利根川水系の源であり、首都圏の水がめとして機能する群馬は水には事欠くことはな ...
2018/2/15
水鳥で試すG9 PROのAF
小鳥の撮影でG9 PROの連写性能と画質については実証できたが、AF性能はどんなものかも検証しておく ...
2018/2/13
冬季五輪
平昌で冬季五輪が始まって選手たちの活躍が連日伝えられている。熱狂するほどスポーツに入れ込む習慣はない ...
2018/2/12
滑らぬ先の何とやら
首都圏で積雪があると決まってニュースで流れるのは滑って転びそうになる人や、転倒している人の映像だ。北 ...
  • 当サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信によって保護されています。