群馬の映像制作工房

晩秋の北の森

Posted on: 2012/10/27

この時期はフィールド巡回の季節。普段は単独行動を基本としているので、終日特定の場所に陣取る定点調査ではなく、午前午後で複数箇所をグルグル回る方式をとっている。

天狗様はこれから繁殖シーズンを迎えるわけだが、テリトリー維持のため、今の時期が最も広大な範囲を飛び回ることになる。絶対的な縄張りを主張する防衛ラインを越え、その外側に広がる行動圏を拡張し、隣接する別個体に対し誇示行動を行うのだ。

なので思いがけない場所で、且つ同時に複数個体や、侵入個体などを見掛けることもあるし、うっかりすると一度も目視せずに終わってしまうこともある。ま、それもすべて想定の範囲内ではあるのだが。

北部の森でも特に標高の高いエリアでは、いよいよ晩秋の趣が強くなってきた。シカのラッティングコールにかき消されそうになりながら、近くでベニマシコの鳴き声が聞こえてきた。

Categories: 猛禽 | Tags: ,  | 2 Comments
Related posts
2013/5/26
2015/4/21
2012/12/3
2012/12/4
2017/3/17
2012/12/6
2014/4/13
2016/7/20
2 Comments for 「晩秋の北の森」
  1. 鳶丸 2012/10/28 10:18

    たびたび出てくるシカのラッティンコール・・・。
    私のフィールドではありえません。

    機会があれば行ってみたいなぁ~
    と、思いを馳せヒヨドリの声にかき消されそうになりながら、コメント書いてます(笑)
    そのうち白いものが降ってきますね。。。

    • TM 2012/10/29 10:01

      シカのいる地域では普通に聞こえますよ、ラッティングコール。森の奥からうら若き女性の悲鳴のような声が(笑)。

      ホンシュウジカの場合、基本的に雪の多いところには少ないはずなんですが、最近はそれも形骸化しつつあります。今は少ない地域でも、何れ時間の問題でしょうね。

Leave a comment

  • * が付いている欄は必須項目(Emailは非公開)です。
  • スパム対策のため、Capture Codeを表示画像より入力してください。
  • 日本語を含ないコメントは無視されます。

*

*





*

Recent posts
2017/5/29
月末近くになると追い込み多忙モードへ突入で、しかも週初め...
2017/5/28
まだ子供だけどね。
2017/5/27
ニホンザルの繁殖期は秋から冬で、妊娠期間が5ヶ月から6ヶ...
2017/5/26
ニホンザルは霊長目の中では最も北に生息するサルである。も...
2017/5/25
以前、サルの調査を手伝ってサル追いをしていたことがあるせ...
2017/5/24
少しネタが古いが、一週間前に尾瀬が山開きをした。尾瀬は単...
2017/5/23
下界はすっかり緑一緒に染まっているが、山の上は今まさに新...
2017/5/22
週始めでやや多忙なため、整理中の4K60P動画の切り出し...
2017/5/21
館林でいきなり猛暑日ときた。いやはや暑いわけだ。今日の午...
2017/5/20
県北の標高の高い森は、芽吹き前で林内の見通しが効き、小鳥...
Service info.
Recent comments
[17/4/28]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/28]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/4/27]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/27]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/4/26]

TM より 相俣の桜 へ

[17/4/26]

モグラ より 相俣の桜 へ

[17/3/24]

TM より 待った待ってた60P へ

[17/3/24]

モグラ より 待った待ってた60P へ

[17/3/3]

TM より こんがりきつね色 へ

[17/3/3]

もぐら より こんがりきつね色 へ

Page top »